SketchUp_様々な選択方法-1

今回は図形の「選択」(選択解除)についてご説明させて頂きます。

スケッチアップでは色々な方法があります。

地味な事ですが、操作の際は必要ですのでご覧ください。

 

 

まずは、図形(直方体)の天板をワンクリック(シングルクリック)して

クリックした面(もしくは線)が単独で選択されます。

 

Deleteで消去

 

 

今度は、ダブルクリックします。

ダブルクリックすると、クリックした面とそこにつながっている線も同時に選択できます。

 

 

そして、「Delete」で消去

天板と側面まで消えてしまいました。

スケッチアップは、閉じた3本以上の線の中に面が張られる様になっています。

この場合、閉じた4本の線で出来た四角形の一辺(線)が消えたため閉じなくな

ったために「側面」4面とも消えてしまいました。

 

スケッチアップ特有のやり方「トリプルクリック」。

カチカチカチ っと3回続けてクリックします。

トリプルクリックすると、クリックした面につながる全ての面・線が選択されます。(Deleteで選択された全てが消えます。)

 

 

図形選択の「追加と解除」をご説明します。

一度選択した後、追加もしくは部分的に解除が出来ます。

 

SHIFTを押すと、マウスカーソルの右側に +(プラス)と -(マイナス)

が上下に  ± と現れます。

SHIFTを押しながら線(面)をクリックすると、・・・。

選択されている所は「選択解除」になり、もう一度クリックす「選択」に戻ります。

逆に追加したい線(面)をクリックで「追加選択」、もう一度クリックで「選択解除」になります。

 

CTRLをおしながらですと、+プラスのみ。

同じところを何度クリックしても「選択」になります。

 

既に選択してある線を、SHIFT と CTRL を一緒に押しながらクリックすると、「選択解除」。

 

選択済の天板も、SHIFT と CTRL を一緒に押しながらクリックすると、「選択解除」。

SHIFT と CTRL は何度クリックしても「解除」にしかなりません。

図形の「選択」については、まだありますので、次回はこの続きをご説明します。

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら