SketchUp_様々な選択方法-2

前回「SketchUp_様々な選択方法-1」で何種類かの「選択」の方法をご説明させて頂きましたが、・・・。
その続きです。

 

矩形で囲って選択するやり方です。

まず一つ目。

左から右へ、斜めにマウスをドラッグします。
(左マウスを押しっぱなしで移動)

この場合この矩形に完全に入っている線・面だけが青くなり「選択」されます。

 

 

この選択後に「Delete」キーで選択した部分が消去されます。

下記の様になります。

 

 

今度は右から左へ、斜めにマウスをドラッグします。
(左マウスを押しっぱなしで移動)

この場合この矩形に少しでも入っている線・面が青くなり「選択」されます。

 

 

この選択後に「Delete」キーで選択した部分が消去されます。

下記の様になります。

 

 

また、一度「矩形」で選択した後。

選択の追加・解除ですが、・・・。

SketchUp_様々な選択方法-1」でご説明した「SHIFT」「CTRL」を押しな

がら選択するやり方。

矩形選択との併用も出来ます。

 

 

また、下記の様に図形が2つ並んでいて、手前だけを選択したい場合。

 

 

この様な画面アングルになると、もう一つの図形は重なって奥に隠れて見えなくなってしまいます。

これで矩形選択をしますと、・・・。

 

 

 

下記の様に青くなり選択できましたが、・・・。

 

 

下手前だけでなく、本来 選択したくない奥の図形まで選択されてしまいました。

 

 

この画面アングルでも手前の図形のみを選択する方法は、・・・。

メニューバー → 表示 → 面スタイル → 「Ⅹ線」もしくは、

下記の様にツールバーの「Ⅹ線」アイコンをクリック。

 

 

「X線」モードは透けますので奥に隠れている図形も確認出来ます。

 

 

この状態で、上半分・残りの下の部分という風に、・・・。

奥の図形を選択しない様に避けて選択する事が出来ます。

 

 

オービットしてみるとこんな感じで、手前の大きい図形のみを選択する事が出来ます。

 

 

画面の中の全ての図形選択は、CTRL + A で出来ます。

 

 

逆に、画面の中の全ての図形の選択解除は、CTRL + T で出来ます。

この様に、「選択」「解除」はモデリングする上で重要です。

これらの操作をマスターするか・しないかで作業効率は全然違います。

 

なかなかテキストと絵だけでは分かりづらいかもしれません。

前回の「SketchUp_様々な選択方法-1」と、

今回の「SketchUp_様々な選択方法-2」のご説明を合わせて動画にしました。もし宜しければご視聴下さい。

宜しくお願いします。

SketchUp_様々な選択方法-1

今回は図形の「選択」(選択解除)についてご説明させて頂きます。

スケッチアップでは色々な方法があります。

地味な事ですが、操作の際は必要ですのでご覧ください。

 

 

まずは、図形(直方体)の天板をワンクリック(シングルクリック)して

クリックした面(もしくは線)が単独で選択されます。

 

Deleteで消去

 

 

今度は、ダブルクリックします。

ダブルクリックすると、クリックした面とそこにつながっている線も同時に選択できます。

 

 

そして、「Delete」で消去

天板と側面まで消えてしまいました。

スケッチアップは、閉じた3本以上の線の中に面が張られる様になっています。

この場合、閉じた4本の線で出来た四角形の一辺(線)が消えたため閉じなくな

ったために「側面」4面とも消えてしまいました。

 

スケッチアップ特有のやり方「トリプルクリック」。

カチカチカチ っと3回続けてクリックします。

トリプルクリックすると、クリックした面につながる全ての面・線が選択されます。(Deleteで選択された全てが消えます。)

 

 

図形選択の「追加と解除」をご説明します。

一度選択した後、追加もしくは部分的に解除が出来ます。

 

SHIFTを押すと、マウスカーソルの右側に +(プラス)と -(マイナス)

が上下に  ± と現れます。

SHIFTを押しながら線(面)をクリックすると、・・・。

選択されている所は「選択解除」になり、もう一度クリックす「選択」に戻ります。

逆に追加したい線(面)をクリックで「追加選択」、もう一度クリックで「選択解除」になります。

 

CTRLをおしながらですと、+プラスのみ。

同じところを何度クリックしても「選択」になります。

 

既に選択してある線を、SHIFT と CTRL を一緒に押しながらクリックすると、「選択解除」。

 

選択済の天板も、SHIFT と CTRL を一緒に押しながらクリックすると、「選択解除」。

SHIFT と CTRL は何度クリックしても「解除」にしかなりません。

図形の「選択」については、まだありますので、次回はこの続きをご説明します。

SketchUp_クリックスタイルは、クリック → 移動→ クリックがお勧め

こんにちは!

今日は「クリックスタイル」についてご説明させて頂きます。

「クリックスタイル」って何?

線を引く時も、長方形ツールで四角形を描く時も、プッシュ/プルする時も、

最初のクリックと、2回目のクリックが必ず必要です。

そのクリックの仕方です。

2種類あります。

1、「クリック → 移動 → クリック」
1点目をクリック、左マウスを離してマウスを移動させて2点目をクリックするやり方。

2、「クリック → ドラッグ → 離す」
1点目をクリック、そのまま左マウスを離さずドラッグして移動させて2点目でマウスを離して2点目を決めるやり方。


 

どちらが良いかと言うと、「クリック → 移動 → クリック」です。

何故か、というと、・・・。

例えば、下記の様に三つの四角形をプッシュ/プルする時。

まず、左奥の四角をプッシュ/プル。

 

次に手前の四角をプッシュ/プル。

 

最後の右奥の四角をプッシュ/プルする時、・・・。


 

 

左奥の立ち上げた高さと、同じ高さまでプッシュ/プルで立ち上げたい時。

 

 

「クリック → 移動 → クリック」であれば、プッシュ/プルで2点目を決める前に、そのまま真ん中ホイールマウスを押して「オービット」で画面を旋回させる事が出来ます。

 

 

そして裏側へ行って左奥の図形が見える位置にいって、高さを合わせてプッシュ/プルする事が出来ます。

 

これは、2の、「クリック → ドラッグ → 離す」では出来ません。

プッシュ/プルツールで、1点目 → 2点目をクリックする前にマウスを離してしまうとそこでプッシュ/プルツールが終わってしまうからです。

クリックスタイルは、「環境設定」 → 「描画」 → 「クリックスタイル」で設定が変えられます。

これを知るのと知らないのとでは、作業効率が変わります。

なかなかテキストのみでのご説明は難しいため、下記の動画も合わせてご覧ください。 また、実際に手を動かして試してみてください。

 

SketchUp_コピーツールで配列複写

こんにちは!

今回は「コピーツール」をご紹介します。

まずはじめに、円ツールで丸を描きプッシュ/プルで立ち上げ円柱を作ります。

 

コピーしますが、・・・。

実はスケッチアップには「コピーコマンド」はありません。

「移動ツール」を使います。

移動ツールをクリックします。

 

 

移動ツールをコピーコマンドに切り替えるため、「CTRL」を一回押します。

するとコピーモードになります。

起点をクリックしてから、終点まで移動させます。

これも、任意の距離でも移動できますし、数値入力で正確な寸法で複写する事も出来ます。

 

 

一つ移動してから、次の操作をする前であれば、・・・。

x 5 Enterで配列複写も出来ます。

一つ目のコピーした複写寸法で同じ距離で5倍コピーが出来ます。

(外部配列複写)

 

 

もう一度戻り、四角く囲い選択します。

 

 

そして、またCTRLでコピーモードに切り替え、・・・。

今度は、少し遠くにコピーします。

この直後に、今度は/スラッシュ 3 Entre で、・・・。

 

 

遠くまでコピーした距離の3等分した数でコピーしてくれます。

(外部配列複写)

 

 

この直後、別の操作をする前であれば、

また、今度は/スラッシュ 5 Entre で、・・・。

5等分してくれます。

スケッチアップもコピーの掛け算(外部配列複写)割り算(内部配列複写)が

出来ます。

 

動画でもご説明していますので、宜しければこちらもご覧ください。

SketchUp_移動ツールも矢印キーで方向指定

こんにちは!

今回は「移動ツール」をご紹介いたします。

まず最初に「長方形ツール」→ 2000 ,2000  Enter で正方形を描き。
プッシュ/プル」ツール → 2000 Enter で上に伸ばして一辺2000の立方体を描きます。
それを、その左上から 右下へ斜めにドラッグして立方体を選択します。

 

この様に選択されると、ドット表示で青く色が変わります。

 

この状態で、「移動ツール」をクリック。起動させます。

 

そして、移動する「起点」をクリック。

 

右方向にマウスを移動させると、この立方体も動きます。
移動距離は、右下のバリューコントロールボックスに表されます。
この段階でキーボードで数値入力すれば正確な値で移動する事が出来ます。

 

「移動ツール」も矢印キーで方向を指定できます。
右 矢印キーを押すと赤軸方向に固定されます。(もう一度押すと解除)

 

赤軸方向に移動が固定されます。

 

左矢印キーを押すと、緑軸方向に固定されます。(もう一度押すと解除)

 

上矢印キーを押すと、青軸方向に固定されます。(もう一度押すと解除)

矢印キーは色々な場面で、移動する軸の方向を固定する事が出来、便利です。

以上「移動ツール」のご説明でした。

動画でもご説明しています。
こちらのほうがわかりやすいかと思いますので、是非ご覧になって下さい。
宜しくお願い致します。

SketchUp_面を分割してプッシュ/プル

こんにちは。

今回は四角形の面を 分割して、プッシュ/プル しながら立体を作ります。

 

 

まず長方形ツールで四角形を描きます。

 

 

線ツールで、線を引きます。

この場合、中点~中点へ引きます。

 

 

反対側は、斜めに引いてみます。

 

 

面をクリックしてみると、面が分かれている事がわかります。

 

 

交わった所は、線も分割されています。

 

 

奥左だけプッシュ/プルしてみます。

 

 

その隣もプッシュ/プルしてみます。

最初立ち上げた高さの中点まで持っていきます。

 

 

次は右手前の面をプッシュ/プル。

こんども前回立ち上げた高さの中点まで伸ばします。

 

 

最後、左手前も同じ様に中点まで立ち上げます。

 

右手前の立ち上げた床面に線を引きます。

また面が分かれます。

 

 

左奥の立ち上げた側面にも線を引き、面を分割します。

 

 

右手前の分割した床面の手前側をプッシュ/プルします。

 

 

左奥の側面の分割した壁もプッシュ/プルします。

 

 

奥までプッシュ/プルで持っていき、面を削ります。

 

 

側面に長方形ツールで四角形を描きます。

 

 

プッシュ/プルして奥まで伸ばすと突き抜けます。

 

 

奥の面で止めると穴が開きます。

 

 

分割しながら、こんな感じで自由に立体を作っていきます。

 

動画でもご説明しています。もし宜しければこちらもご覧ください。

SketchUp_面を残してプッシュプルする

今回はプッシュ/プルの応用をご紹介します。

 

 

まず、長方形ツールで四角形を描きます。

そしてプッシュ/プル ツールで立ち上げます。

 

 

一度、この低い高さで立ち上げます。

 

 

そして更にもう一度。

今度は Ctrl を押しながらプッシュ/プルします。

 

最初に立ち上げた面を残したままプッシュ/プル出来ます。

 

 

断面ツールで、断面を切ってみましょう。

 

 

切ってみるとわかりやすいです。

最初の面が残って、更にプッシュ/プルされている事がわかります。

 

動画でも説明していますので宜しければ見てみて下さい。

SketchUp_矢印キーで長方形の方向指定

長方形ツールの軸方向について説明します。

 

「長方形ツール」は画面アングルから、自動的にその軸方向を判断して描いてくれます。下記の様に上から見下げる様な画面アングルの場合、青軸に垂直な面、床に四角形が描かれます。

 

 

画面アングルを立て起こした状態で描くと、下記の様に緑軸に垂直な方向で立て起こして四角を描いてくれます。

 

 

また、赤軸に対して垂直に近い方向の画面アングルにした時は、赤軸に垂直な四角形を描いてくれます。

 

 

下から見上げる様な画面アングルにした時は、やはり青軸に垂直な方向。
床面に描く方向になります。

これらは全てスケッチアップ側で自動的に、現在向いているカメラアングルによって判断してくれます。非常に便利です。

 

 

しかし、また違う方法があります。
線ツールで 赤・緑・青_軸方向のロック の仕方と同じです。
矢印キーを使って、四角形の方向を指定(ロック)出来ます。

例えば、下記の様な上から見下ろす様な画面アングの状態で、赤軸方向垂直な四角形描きたい場合。
長方形ツールを起動後、矢印キーの右→を押します。そして、四角形を描く。

 

すると、赤軸に垂直な四角形が描けます。

 

 

同じ画面アングルで、今度は緑軸方向に垂直に四角形を描きたい場合。
矢印キーの左←を押します。

 

この様に、緑軸方向に垂直に四角形が描けます。

 

また、下記の様に画面アングルを水平に近い位置にある時は、通常であれば
赤軸方向、もしくは緑軸方向に垂直な四角形になりますが 矢印キーの
↑ 上を押せば青軸方向にロックされこの様にも描けます。

 

以上、矢印キー矢印キーで長方形の方向指定のやり方でした。

動画でもご説明しています。
もし良ければこちらもご覧ください。

SketchUp、赤・緑・青_軸方向のロック

線ツールのみを使って四角形を描くやり方は、
以前、SketchUp「線ツールで四角を描く
でお伝えしましたが、・・・。

 

実際、赤緑青の軸に沿って線を引くのは結構大変です。
軸上がずれない様に慎重にマウスを動かさなければなりません。

 

 

もっと簡単に、スムーズにそれぞれの軸上に線を引く方法をご紹介します。

軸を固定するやり方です。
まず一本目の赤軸上の線を引く時、一点目をクリックして赤軸のガイドが出てきたら「Shift」キーを押します。押している間は赤軸に軸がロックされます。

 

 

続いて緑軸。
これも緑軸になったら「Shift」キーを押しますとロックされます。

 

 

また赤軸。同じ様に、・・・。

軸の方向を固定する場合、結構この「Shift」キーを押すやり方は使います。

 

しかし、このやり方は「Shift」キーを押しながらですので、左手がふさがってしまいます。違うやり方もあります。

 

線を引く時、1点目目をクリックしたらキーボードの →「右矢印」キーをポンっと押します。(押しっぱなしではなく1回押すだけ)
すると赤軸方向に軸がロックされます。

 

 

次の線の時も、1点目目をクリックしたら今度はキーボードの←「左矢印」キーをポンっと押します。(押しっぱなしではなく1回押すだけ)

 

 

3本目も同じ様に、・・・。また赤軸なので →「右矢印」キー

 

 

四角く閉じたらZ方向の青軸に線を引きますが、・・・。青軸上にするには
上矢印キーを押します。

 

 

緑は、←左矢印キー

 

 

赤は、→右矢印キー

 

 

また、緑軸は ←左矢印キー

 

 

 

閉じて直方体が出来ました。

 

 

この様に、矢印キーで軸方向のロック機能を使うことで、軸方向に沿った
線を楽に描く事が出来ます 。

動画でもご紹介しています。

SketchUpはサーフェスモデルです。裏面、色の変え方。

3次元ソフトには3種類の構造があります。

・ワイヤーフレーム
・サーフェス
・ソリッド

SketchUp はサーフェスモデルです。
サーフェスモデル」って何?

構成が面の集合体です。
中身が詰まっていません。

 

例えば、サーフェスモデルは上から斜めに切ってみるとこんな感じで、中身が無いです。

 

サーフェスモデルに対して、
中身の詰まっている「ソリッドモデル」があります。
こちらも、同じ様に切ってみても中身が詰まっています。
(スケッチアップ以外のソフト。これはイメージです。)

 

また、下記の様に「ワイヤーフレーム」というモデル形状もあります。
(スケッチアップ以外のソフト。これはイメージです。)

 

ソリッドは中身が詰まっている分データ量も多いと思いますし、ワイヤーフレームは面が無いもで表現が制限される。
「サーフェスモデル」がちょうどいいのではないでしょうか。

 

スケッチアップモデルの手前を消してみましょう。
スケッチアップの、その面に 「裏と表」があります。

 

表も裏も色は変えられます。
その方法です。
ウィンドウ → トレイを出し → スタイル → 編集 → 面設定 →
裏の色のクレーっぽくなっている部分をクリック。

 

色を選択するダイアログボックスが出てきます。
そこで、例えば赤っぽい色を指定すれば、・・・。

 

こんな風に、裏面は赤色にも出来ます。

表の「白」も同様に変えられます。