SketchUp_面を分割してプッシュ/プル

こんにちは。

今回は四角形の面を 分割して、プッシュ/プル しながら立体を作ります。

 

 

まず長方形ツールで四角形を描きます。

 

 

線ツールで、線を引きます。

この場合、中点~中点へ引きます。

 

 

反対側は、斜めに引いてみます。

 

 

面をクリックしてみると、面が分かれている事がわかります。

 

 

交わった所は、線も分割されています。

 

 

奥左だけプッシュ/プルしてみます。

 

 

その隣もプッシュ/プルしてみます。

最初立ち上げた高さの中点まで持っていきます。

 

 

次は右手前の面をプッシュ/プル。

こんども前回立ち上げた高さの中点まで伸ばします。

 

 

最後、左手前も同じ様に中点まで立ち上げます。

 

右手前の立ち上げた床面に線を引きます。

また面が分かれます。

 

 

左奥の立ち上げた側面にも線を引き、面を分割します。

 

 

右手前の分割した床面の手前側をプッシュ/プルします。

 

 

左奥の側面の分割した壁もプッシュ/プルします。

 

 

奥までプッシュ/プルで持っていき、面を削ります。

 

 

側面に長方形ツールで四角形を描きます。

 

 

プッシュ/プルして奥まで伸ばすと突き抜けます。

 

 

奥の面で止めると穴が開きます。

 

 

分割しながら、こんな感じで自由に立体を作っていきます。

 

動画でもご説明しています。もし宜しければこちらもご覧ください。

SketchUp_面を残してプッシュプルする

今回はプッシュ/プルの応用をご紹介します。

 

 

まず、長方形ツールで四角形を描きます。

そしてプッシュ/プル ツールで立ち上げます。

 

 

一度、この低い高さで立ち上げます。

 

 

そして更にもう一度。

今度は Ctrl を押しながらプッシュ/プルします。

 

最初に立ち上げた面を残したままプッシュ/プル出来ます。

 

 

断面ツールで、断面を切ってみましょう。

 

 

切ってみるとわかりやすいです。

最初の面が残って、更にプッシュ/プルされている事がわかります。

 

動画でも説明していますので宜しければ見てみて下さい。

SketchUp_矢印キーで長方形の方向指定

長方形ツールの軸方向について説明します。

 

「長方形ツール」は画面アングルから、自動的にその軸方向を判断して描いてくれます。下記の様に上から見下げる様な画面アングルの場合、青軸に垂直な面、床に四角形が描かれます。

 

 

画面アングルを立て起こした状態で描くと、下記の様に緑軸に垂直な方向で立て起こして四角を描いてくれます。

 

 

また、赤軸に対して垂直に近い方向の画面アングルにした時は、赤軸に垂直な四角形を描いてくれます。

 

 

下から見上げる様な画面アングルにした時は、やはり青軸に垂直な方向。
床面に描く方向になります。

これらは全てスケッチアップ側で自動的に、現在向いているカメラアングルによって判断してくれます。非常に便利です。

 

 

しかし、また違う方法があります。
線ツールで 赤・緑・青_軸方向のロック の仕方と同じです。
矢印キーを使って、四角形の方向を指定(ロック)出来ます。

例えば、下記の様な上から見下ろす様な画面アングの状態で、赤軸方向垂直な四角形描きたい場合。
長方形ツールを起動後、矢印キーの右→を押します。そして、四角形を描く。

 

すると、赤軸に垂直な四角形が描けます。

 

 

同じ画面アングルで、今度は緑軸方向に垂直に四角形を描きたい場合。
矢印キーの左←を押します。

 

この様に、緑軸方向に垂直に四角形が描けます。

 

また、下記の様に画面アングルを水平に近い位置にある時は、通常であれば
赤軸方向、もしくは緑軸方向に垂直な四角形になりますが 矢印キーの
↑ 上を押せば青軸方向にロックされこの様にも描けます。

 

以上、矢印キー矢印キーで長方形の方向指定のやり方でした。

動画でもご説明しています。
もし良ければこちらもご覧ください。

SketchUp、赤・緑・青_軸方向のロック

線ツールのみを使って四角形を描くやり方は、
以前、SketchUp「線ツールで四角を描く
でお伝えしましたが、・・・。

 

実際、赤緑青の軸に沿って線を引くのは結構大変です。
軸上がずれない様に慎重にマウスを動かさなければなりません。

 

 

もっと簡単に、スムーズにそれぞれの軸上に線を引く方法をご紹介します。

軸を固定するやり方です。
まず一本目の赤軸上の線を引く時、一点目をクリックして赤軸のガイドが出てきたら「Shift」キーを押します。押している間は赤軸に軸がロックされます。

 

 

続いて緑軸。
これも緑軸になったら「Shift」キーを押しますとロックされます。

 

 

また赤軸。同じ様に、・・・。

軸の方向を固定する場合、結構この「Shift」キーを押すやり方は使います。

 

しかし、このやり方は「Shift」キーを押しながらですので、左手がふさがってしまいます。違うやり方もあります。

 

線を引く時、1点目目をクリックしたらキーボードの →「右矢印」キーをポンっと押します。(押しっぱなしではなく1回押すだけ)
すると赤軸方向に軸がロックされます。

 

 

次の線の時も、1点目目をクリックしたら今度はキーボードの←「左矢印」キーをポンっと押します。(押しっぱなしではなく1回押すだけ)

 

 

3本目も同じ様に、・・・。また赤軸なので →「右矢印」キー

 

 

四角く閉じたらZ方向の青軸に線を引きますが、・・・。青軸上にするには
上矢印キーを押します。

 

 

緑は、←左矢印キー

 

 

赤は、→右矢印キー

 

 

また、緑軸は ←左矢印キー

 

 

 

閉じて直方体が出来ました。

 

 

この様に、矢印キーで軸方向のロック機能を使うことで、軸方向に沿った
線を楽に描く事が出来ます 。

動画でもご紹介しています。

SketchUpはサーフェスモデルです。裏面、色の変え方。

3次元ソフトには3種類の構造があります。

・ワイヤーフレーム
・サーフェス
・ソリッド

SketchUp はサーフェスモデルです。
サーフェスモデル」って何?

構成が面の集合体です。
中身が詰まっていません。

 

例えば、サーフェスモデルは上から斜めに切ってみるとこんな感じで、中身が無いです。

 

サーフェスモデルに対して、
中身の詰まっている「ソリッドモデル」があります。
こちらも、同じ様に切ってみても中身が詰まっています。
(スケッチアップ以外のソフト。これはイメージです。)

 

また、下記の様に「ワイヤーフレーム」というモデル形状もあります。
(スケッチアップ以外のソフト。これはイメージです。)

 

ソリッドは中身が詰まっている分データ量も多いと思いますし、ワイヤーフレームは面が無いもで表現が制限される。
「サーフェスモデル」がちょうどいいのではないでしょうか。

 

スケッチアップモデルの手前を消してみましょう。
スケッチアップの、その面に 「裏と表」があります。

 

表も裏も色は変えられます。
その方法です。
ウィンドウ → トレイを出し → スタイル → 編集 → 面設定 →
裏の色のクレーっぽくなっている部分をクリック。

 

色を選択するダイアログボックスが出てきます。
そこで、例えば赤っぽい色を指定すれば、・・・。

 

こんな風に、裏面は赤色にも出来ます。

表の「白」も同様に変えられます。

 

SketchUp、ダブルクリックで反対に伸びる

少し前に、スケッチアップは一つ前の操作の数値を覚えているため次からは
「ダブルクリック」で同じ高さに立ち上げられる。
というご説明をさせて頂きました。 → 「ダブルクリックでプッシュ/プル

 

しかしそれには不具合もあります。
数値は同じでも ―(マイナス)方向に伸びてしまう現象があります。
例えば下記の様に、一つ目の四角を2000立ち上げて、・・・。
(右下のバリューコントロールボックス参照)

 

その隣の四角を ダブルクリック。すると下記の様に
ー(マイナス)方向に2000伸びてしまう現象が時々起こります。

こうなる時もありますし、ちゃんと普通に上に立ち上がる時もあります。
その違いがわからなかったのですが、・・・。

SketchUpPro認定トレーナーで、
ARCHITECT 7 / TERASAWA ARCHITECTS OFFICE の 寺澤氏のサイト
その解説がありました。
Push/Pull コマンドでダブルクリックしたときの振る舞い・・クリック

この記事は、色々と検証された結果が出ていますので興味深いです。
(詳しい内容は上記の寺澤氏のサイト、に詳しく出ていますのでご覧ください。)

ザックリですが結論から言うと、最初の四角を立ち上げた時にマウス操作だけでなく、バリューコントロールボックスに数値入力して高さを決めプッシュ/プルした時は反対側に伸びるらしいです。

ただ上記の寺澤氏のサイトでもこれが完璧な理由ではないかもしれないとの事。実際、この決まり通りにならない事もあり「目安」と考えたほうが良いかもしれません。
でもこの事を知っただけでも、だいぶ助かります。

 

わかりにくいので画面をキャプチャーして動画にして説明します。

 

SketchUp、ポリゴン(多角形)ツール

今回はポリゴンツールをご紹介します。
ポリゴンとは多角形です。

 

図形ツールバーから一番下にある「ポリゴン」を選択して、

 

そのまま、すぐに右下のバリューコントロールボックスを見ると「6」と出ています。

 

デフォルトは6角形です。

 

そして、地面に1点目目をクリック。

 

横に伸ばすと黒い線が出てきます。


この内接した半径の長さ(数値)は、右下のバリューコントロールボックスに出ています。

 

2点目をクリックで多角形(6角形)が描けて色が変わります。
面が張られました。

 

デフォルトの6角形(セグメント数)は変えられます。

ポリゴンツールを起動してすぐキーボードで数値を入れるとその数値の角数になります。
例えば「12」Enterで 12角形になります。

 

 

円ツール」のご説明の時、スケッチアップの円は「実は多角形でデータとしては24角形」とお話ししましたので、試しに24角形のポリゴン(多角形)にしてみたいと思います。

 

右手前に24角の多角形(ポリゴン)

 

右奥には、データ的には24角形の「円」

 

そして、それぞれをプッシュ/プルしてみましょう。
まずは24角形のポリゴン。

 

右奥の「円」

 

立ち上げてみるとその違いがわかります。
ポリゴンの「多角形」はあくまでも多角形。

 

 

円の場合、データ的に24角形ですが、あくまでも円の属性を持っていますので円を立ち上げればなめらかな局面の円柱になります。
プッシュ/プルできません。

以上です。

今回は説明を動画にもしました。

SketchUp、円柱を描く方法

スケッチアップで円柱を描く方法です。

 

まず最初に、図形ツールバーの「円ツール」起動し円を描きます。

 

 

床面任意の所に1点目、基点を決めます。クリック

 

 

マウスを横に伸ばすと半径を示す線が出て、その寸法値は右下のバリューコントロールボックスに示されます。

 

 

2点目をクリック。
点の決め方は、任意の位置でもいいし数値(半径)を入れて正確な情報で入力してもいいです。2点目をクリックすると丸の中の色が変わり、面が張られます。

 

 

ズームアップしてみましょう。
よく見ると、何となく「カクカク」している様に見えます。

 

 

円ツールで描いた「円」は一応は円ですが実は多角形です。
スケッチアップの円は、はデータ上は多角形なんです。

24角形です。

円ツールを起動してすぐに、バリューコントロールボックスを見ると「側面」 24と出ています。24角形を示しています。(デフォルトは24角形。)

この24角形の角数は変えられます。     ↑

 

 

円ツールを起動して1点目をクリックする前にキーボードで、例えば4倍
の「96」といれて Enter で96角形になります。

 

 

これで円を描いてみましょう。

 

 

プッシュ/プルで立ち上げてみましょう。立ち上げると、円柱が出来ます。

でも24角形か96角形か、立ち上げて円柱にしてしまうとその違いがわかりませんね。

 

 

メニューバーの「表示」→ 「隠しジオメトリ」の ✔チェックを入れると、
本来の多角形のジオメトリが現れます。

基本的にはデフォルトの24角形で問題ないと思います。
将来的に細かいモデリング。なめらかな曲面が必要になる事もあるかもしれませんので覚えておいても良いと思います。

SketchUp、ダブルクリックでプッシュ/プル

スケッチアップで、複数の面を同じ高さで立ち上げたい時のやり方です。
一つプッシュ/プルで立ち上げてから、それに合わせてプッシュ/プルする方法もご案内しましたが、( → クリック

 

 

一つ前と同じ高さで立ち上げるのであれば、もっと簡単なやり方があります。

 

 

プッシュ/プルを起動して

 

 

まずは一つ目、左奥の四角形をプッシュ/プルで立ち上げてみましょう。

 

 

二つ目は、左手前の四角形をプッシュ/プルしますが、ダブルクリック
してみましょう。

 

 

ダブルクリックで、前回立ち上げてた数値と同じ高さだけプッシュ/プル
出来ます。

 

 

右奥の四角形も、ダブルクリック

 

 

同じ高さで立ち上げられます。

 

 

最後右手前の四角形も同じくダブルクリックで同じ高さに出来ます。

 

 

ダブルクリックだけで、全部同じ高さになりました。

要するに、SketchUpは一つ前に行った数値を覚えています。
何か他の操作をする前であれば有効です。
この機能も結構使います。

SketchUp、中心を起点に長方形を描く

長方形ツールは以前ご紹介した通り、・・・。
四角の角のポイントをクリックして、対角の角をクリックして四角を描きます。→ (「長方形ツール」)

でも場合によっては、四角形の中心を起点に描きたい時もあると思います。
出来ます!  やり方は、・・・。

 

図形ツールバーから

 

長方形」を選択、クリック。

 

 

一番下の「ステータスバー」に現在使用しているツールに関するヒントが表示されていますが、
そこを見ると「対角を選択するか、値を入力します。Ctrl=中心から描画。」と書かれています。
一点目、地面をクリックする前(もしくは途中からでもOK)にキーボードの「Ctrl」をポンっと叩きます。
そうすると「中心起点モード」になります。

 

 

一点目の起点をクリック。

 

マウスで伸ばします。

起点を中心に四角形が描かれている事がわかります。

 

 

ステータスバーの右側にある寸法は、その四角の寸法です。

 

 

クリックして色が変わりました。面が張られたという事です。

四角形を描くにも、用途に応じて描き方が色々あります。