SketchUp_様々な選択方法-2

前回「SketchUp_様々な選択方法-1」で何種類かの「選択」の方法をご説明させて頂きましたが、・・・。
その続きです。

 

矩形で囲って選択するやり方です。

まず一つ目。

左から右へ、斜めにマウスをドラッグします。
(左マウスを押しっぱなしで移動)

この場合この矩形に完全に入っている線・面だけが青くなり「選択」されます。

 

 

この選択後に「Delete」キーで選択した部分が消去されます。

下記の様になります。

 

 

今度は右から左へ、斜めにマウスをドラッグします。
(左マウスを押しっぱなしで移動)

この場合この矩形に少しでも入っている線・面が青くなり「選択」されます。

 

 

この選択後に「Delete」キーで選択した部分が消去されます。

下記の様になります。

 

 

また、一度「矩形」で選択した後。

選択の追加・解除ですが、・・・。

SketchUp_様々な選択方法-1」でご説明した「SHIFT」「CTRL」を押しな

がら選択するやり方。

矩形選択との併用も出来ます。

 

 

また、下記の様に図形が2つ並んでいて、手前だけを選択したい場合。

 

 

この様な画面アングルになると、もう一つの図形は重なって奥に隠れて見えなくなってしまいます。

これで矩形選択をしますと、・・・。

 

 

 

下記の様に青くなり選択できましたが、・・・。

 

 

下手前だけでなく、本来 選択したくない奥の図形まで選択されてしまいました。

 

 

この画面アングルでも手前の図形のみを選択する方法は、・・・。

メニューバー → 表示 → 面スタイル → 「Ⅹ線」もしくは、

下記の様にツールバーの「Ⅹ線」アイコンをクリック。

 

 

「X線」モードは透けますので奥に隠れている図形も確認出来ます。

 

 

この状態で、上半分・残りの下の部分という風に、・・・。

奥の図形を選択しない様に避けて選択する事が出来ます。

 

 

オービットしてみるとこんな感じで、手前の大きい図形のみを選択する事が出来ます。

 

 

画面の中の全ての図形選択は、CTRL + A で出来ます。

 

 

逆に、画面の中の全ての図形の選択解除は、CTRL + T で出来ます。

この様に、「選択」「解除」はモデリングする上で重要です。

これらの操作をマスターするか・しないかで作業効率は全然違います。

 

なかなかテキストと絵だけでは分かりづらいかもしれません。

前回の「SketchUp_様々な選択方法-1」と、

今回の「SketchUp_様々な選択方法-2」のご説明を合わせて動画にしました。もし宜しければご視聴下さい。

宜しくお願いします。

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら