SketchUp_回転ツールと回転コピー

今回は回転ツールと回転コピーをご紹介します。

 

まず最初に、回転させる図形を選択(四角で囲うかトリプルクリック)します。

そして「回転ツール」

 

そうすると、羅針盤の様な基準の様なものが出てきます。

 

まず回転の軸を決めますが、・・・。

試しに図形の上を基準にします。

軸を決めますが、軸となる線の端点の一点目をクリック。(図形の上の面)

 

もう一点目の端点をクリック。

基準の軸が出来ました。

この丸の中心を軸に、マウスを動かして回転します。

 

もう動かして、二点目クリックで回転が終了します。

右下のバリューコントロールボックスに回転した、その角度が現されています。

 

今度は、軸を離れた所にします。

ちょっと離れた所で、一点目クリック。

 

二点目クリック。軸が出来ました。

 

マウスを動かして回転させます。

(回転角度はバリューコントロールボックスに出ます。)

 

今は、青方向(Z軸)に垂直でしたが、今度はX方向(赤軸)に垂直に回転させます。

キーボードの矢印キーの 右→矢印キーを押すとX 軸に固定されます。    (もう一度押すと解除)

X軸回転になりました。

 

基準の一点目・二点目をクリックします。

 

マウスを動かして回転させる事が出来ます。

 

今度は緑軸(Y軸)に垂直に回転させます。

矢印キー、左矢印← キーを押すと緑軸に固定されます。

(もう一度押すと解除)

 

一点目を決め。

 

二点目を決めて、・・・。

 

マウスを動かして回転させます。

 

今度は「回転コピー」の仕方です。

 

基準のまず一点目クリック。→ 二点目クリック。

 

マウスで移動させます。ここまでは「回転ツール」と同じですが、・・・。

 

ここで、CTRLキーを押すと「コピーモード」になります。

そして、もう一点クリックしてコピーを決めます。

 

そして、次の操作をする前でしたら、・・・。

ここで、半角英数で「 X 」を押し。

 

「5」を押し。→ ENTER

 

すると、基準点を中心に「内部配列複写」出来ました。

移動したものを一個めと数え、6つコピーが出来ました。

 

これを繰り返し、下記の様な図形になりました。

 

動画では、その途中作業も全て見れます。

良ければご覧ください。 ↓

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら