SketchUp_オフセットツールのご紹介

今回は「オフセットツール」のご紹介をさせて頂きたいと思います。
選択した面の外形のエッジから主に連続した線のコピーを作成するツールです。

では始めてみましょう。
まず「オフセットツール」のアイコンをクリックして起動します。

 

マウスカーソルを近づけた一番近いエッジに反応して選択されます。
赤い丸印が出て「エッジの選択」がされたら「クリック」。
(これで4辺の線が選択されます。)

 

マウスを内側に移動すると4辺の線が同時に複写されます。(オフセット)

 

クリックで終了して、オフセットされます。
(右下の「距離」と書いてあるバリューコントロールボックスにその複写移動数値が表されています)

 

線が複写された所は面が分かれている事がわかります。

 

もう一回、同じところをオフセット
今度は、外側に向かって伸ばします。
(右下の「距離」バリューコントロールボックスの値は946です。)

 

2点目クリックでオフセットされ、新たに面も張られています。
キーボード(テンキー)で1000ENTERで正確な数値入力も出来ます。

 

メジャーツールで測ってみると、ちゃんと1000の値でオフセット(+面張り)されています。

 

もう一度、内側にオフセット

 

更に内側にオフセット
続けて「連続オフセット」の場合、ダブルクリックで前回のオフセット数値を
覚えていますので、同じ数値でオフセット出来ます。

 

今度は側面にオフセット

 

普通は下図の様に囲われた4辺の線が自動的に選択されますが、・・・。
部分的にオフセットする事も出来ます。

 

CTRLを押しながら、選択したい辺のみを選択。
(ここでは両側と上面の3辺)

 

そして、オフセットツールをクリック(起動)

 

内側にマウスを寄せて

 

丁度いい所でクリック。オフセットできました。

 

こうやってオフセットで面が分かれ、プッシュ/プルしたり、モデリングに
役立てます。

 

今回の「オフセットツール」も動画でもご紹介しています。
宜しければこちらもご覧になって下さい。 ↓

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら