SketchUp_2Dデータを取り込んで階段を描く方法

今回は2DのCADデータを取り込んでモデリングをしてみたいと思います。
半地下の小さい階段です。

動画でのご説明はこちらです。

 

2D-CADで描いた図面。下が平面、上が断面です。このデータをSketchUpに取り込んでモデリングします。

 

まず、ファイル → インポート で2D-CADデータを取り込みます。

 

取り込む拡張子をAutoCADデータに指定します。

 

使うデータを選びます。

 

尺度 → 単位 を ミリメートルにします。

 

これで OK です。

 

インポート 開始!

 

こんなダイアログが出ますので「閉じる」で終了です。

 

無事、インポート(取り込み)出来ました。取り込むと数字・文字は消えます。取り込んだ全体がグループになっていますので「分解」します。

 

奥の「断面」のほうは後で立て起こして使いますので、グループにしておきます。

 

モデリングに不要な線は、消します。

 

あらかじめ基準点を打ってありますので、そこから長方形ツールで四角を描きます。

 

面が張られました。

 

全て完全には面が張れませんので、残ってしまった所は「線ツール」で手動で なぞって面を張ります。

 

奥にとってあった断面は、回転ツール立て起こします。回転ツールは右矢印のテンキーを押しても良いですし、この様に基準線をドラッグしてもいいです。

 

右下のバリューコントロールボックスが90度になったら、ENTER。

 

そして平面と断面、基準を合わせます。

 

DXFやAutoCADデータを取り込むと、尺度(縮尺)が違っている場合があります。ここの階段有効幅は1020ですが、測ると2040になっています。これを調整します。測った時点で、キーボードで「1020」と入力。

 

ENTER   で「モデルのサイズを変更しますか?」と聞いてきますので、「はい」を選択してください。指定した部分は「1020」になり、それを基準に全体の縮尺が調整されます。

 

準備が出来たところで、モデリングにかかります。外側のクランクした壁を、・・・。断面を基準に高さを合わせて押し上げます。

 

同じ様に他の階段もそれに合わせます。

 

そして、微調整をします。

 

最後に、土になる部分を押し上げます。

 

余分な線は、消しゴムツールでドラッグして消します。

 

面が裏だったので、すべての面を表に変えました。

 

2D-CADデータを使ってモデリングが出来ました。

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました。

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら