SketchUp_2Dデータを取り込んで階段を描く方法-2(テクスチャを張る)

前回、2D-CADデータをインポートして、それを基に半地下の階段をモデリングしました。
今回はそれにテクスチャー(マテリアル)を貼って色を付けたいと思います。

動画でのご説明はこちらから。↓

 

 

まずは、ペイントツールをクリックして、・・・。

 

マテリアルブラウザを立ち上げます。

 

「タイル」の所から適当なタイルを選び貼り付けます。

 

階段部分、全部塗ります。

 

裏側の小さい立ち上がり部分も塗ります。

 

今塗ったマテリアルと同じものを塗る場合は、前回塗ったマテリアルをスポイトツールで吸い上げます。

 

そして新しく塗る部分に貼り付けられます。

 

タイル割が、綺麗に割れていませんので調整します。
左クリックで調整する面を左クリック → テクスチャー → 位置 を選びます。

 

ピンが4種類の色で出てきますので、赤いピンを左マウスで掴んでドラッグ。

 

角に合わせ「完了」で終わります。

 

この割り付けを他の面にも追従させます。
その場合もスポイトツールでこの面のマテリアルを吸い上げ、・・・。

 

他の面に貼り付けます。

 

ある程度は追従してくれます。

 

床の長尺シートもマテリアルを貼ります。
イメージが合えばいいので、違う素材でもOKです。(この場合カーペット)

これも色が少し濃いので調整します。スポイトツールで色を吸い上げ、・・・。

 

「編集」をクリック

 

縦のスライドバーで濃さの調整が出来ます。

 

色も変えられます。

 

ある程度、イメージに合わせられます。

 

奥は、芝生のイメージですが、・・・。
芝生そのものは無いですが、それらしい絵のものを選んで塗ります。

 

陰ツールをオンにしてみると、リアル感が出ます。

以上、最後まで見て頂きましてありがとうございました。

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら