SketchUP_写真からペン立てのモデリングをする(写真照合)

今回は、写真からモデリングする仕方をご紹介させて頂きたいと思います。

少し前に、スケッチアップの友達から3Dデータでは無く、紙を材料にSketchUpのマークを基にペン立てのプレゼントを頂きました。
凄く嬉しかったです!
今度は、このリアルなペン立てを写真を使ってバーチャルなモデルにしてみたいと思います。

動画でのご説明はこちらから。 ↓

では、始めます。
まずは、トレイの「写真照合」から、・・・。
+プラスマークをクリック。

 

写真を選ぶブラウザが出ますので、そこから使う写真データを選択します。

 

写真を取り込み、こんな画面になります。

 

緑軸2本・赤軸2本・青軸が出てきます。

 

これをそれぞれに、軸を合わせます。
最終的にはまた微調整しますが、出来るだけこの段階で正確に合わせます。
合わせたら「完了」クリック。

 

写真がスケッチアップの中に取り込まれますので、・・・。
エッジをなぞる様に線を引きモデリングしていきます。

 

一面出来ましたら、プッシュ/プルして立体を作ります。

 

 

段の所もなぞってモデリングします。

 

 

 

 

厚みがある所は、オフセットツールで厚みを付けます。

 

2段目も同じ様に、・・・。

 

3段目も同じ様にオフセットツールで厚みを付けます。

 

出来たところで、「写真からテクスチャを投影」をクリック。

 

クリックでモデリングした面に写真が貼られます。

 

微妙にモデルと絵がずれている所を調整します。
この場合は、一番上の厚みがある壁の部分。
テクスチャ → 位置 をクリック。

 

ピンが出てきますので、それをドラッグして絵を微調整します。

 

壁の中の所はプッシュ/プルして下げ、そのあとも中を微調整。
(詳細は「動画」をご覧ください。)

 

背中の部分は色がついていませんでしたので、側面の色をコピー。
(こちらも詳細は「動画」をご覧ください。)

 

こんな感じで、写真からモデリングが出来ました。

 

この様に写真からモデリングする様な手法は、他の3Dソフトでは無いのではないかと思います。ユニークな使い方が多いスケッチアップです。

最後まで見て頂きましてありがとうございました。
(動画も見て頂けますとわかりやすいかと思います。是非ご覧になってみてください。)

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら