映画「アバウト・タイム」を見て

自分は物事がうまくいかなかった時「振り出しに戻ってやり直したい。」
「タイムマシンがあったら元に戻って最初からやり直したい」って思う事がある。

この映画は、過去にタイムスリップする事が出来る特殊な能力をもった男の話し。

21歳のある日、その能力がある事を知る。
うまくいかなかった時、その能力を使ってやり直す事が出来る。
様々な場面で過去に戻り、やり直す。
主人公はそんな人生を送っている。
順調な人生を送っている。

でも、・・・。
いくらその時に戻ってやり直しても、変えられない事がある。
人の気持ちは変えられない。

また、やりなおして上手くいく事もあっても。
自分が思うに「過去を変えなければ良かったのに。」「やり直さなければ良かったのに。」
そんな場面があった。

それを見たときに思ったのは、「未来の事はわからない。」

そして、実際の人生はやり直しは出来ない。

逃したチャンスは二度と来ないかもしれない。

でも、だから人生は面白いのかも知れない。

自分の未来を信じて頑張ろう!

そう思った映画でした。

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら