PLATEAU x SketchUp _Zoom勉強会


昨日5月4日(みどりの日)。
スケッチアップ・ユーザーグループの第7回Zoomグループミーティングを行いました。
今回は、「PLATEAU x SketchUp _の勉強会」。

東京・神奈川・千葉はもとより、富山・滋賀・京都・名古屋、南は福岡、北は山形・岩手まで、各地からの参加者31名でのZoomミーティングでした。
中にはWi-Fiのあるファーストフードのお店から参加されている方もいたようです。(便利な時代です。)

今回のテーマは、3D都市モデルを一般に公開しています話題の「PLATEAU」。
国土交通省が進める3D都市モデル整備・活用・オープンデータ化されています。

そのデータをSketchUpに取り込んで利用できないか!
一人の提案を機に、数人のメンバーがチャレンジし始めたところです。

そのタイミングで、一度オンラインでみんなで集まり情報共有をしよう。
という試みをしました。
メインで喋って頂ける人が、かなり密度の濃い資料を作って下さいました。

内容は、・・・。

PLATEAUとは、そもそもどんなものか。
3D都市モデルデータの種類。範囲。
どうやって取り込むか、その取り込み方。原点の考え方。
有料・無料、データ変換の数ある方法。それぞれのメリットデメリット。
取り込んだ後の活用事例。
PLATEAU とPlace Maker の違いの説明。
PLATEAU データに自分のSketchUpデータ合成。
SketchUp→Enscape によるムービー書き出しを見た時には、思わず空撮か。
と間違えるほどの映像でした。

また、VRへの活用。Twinmotionでの活用。など。
物凄い情報量を公開してもらいました。

他にも、Google Earth とPLATEAUの違い。
objデータをForm-Zを介してSketchUpに取り込む。
どの様に使っていくか。活用の道筋。

その後、話しは発展していき、・・・。
国土地理院地図情報について。
G空間情報
3次元点群データ、VIRTUAL SHIZUOKAの話し。
クラウド点群解析
PLATEAU → SketchUp → unity への使用例

「PLATEAU」で水害ハザードマップを再現等
クラウド上にデータを上げてそれをスマホでも見れるデータに出来る「Cesium」という3D地図プラットフォーム。

様々な話題で盛り上がりました。

実際にすぐにこの PLATEAU が実務に使えるかどうかは、難しい面もありますが。
まずは取り組んでいき、試行錯誤していけば実務にも使える。という印象です。
それにしても、参加された皆さんの取り組み方には敬服いたします。
素晴らしいミーティングでした。

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら