SketchUp認定トレーニングの重要性

昨日はSketchUp認定トレーナーになってから、初の出張トレーニング。
先方の会社へお伺いし、SketchUpPro2018認定トレーニングを行いました。
お話しを聞くと、ある程度は使われている様子でしたので「初級・中級」の内容では物足りないのでは?
と少し心配していましたが、始めてみますと、・・・。
「こんなやり方知らなかった。今まで、無駄なやり方をしていた。」「こうすれば、簡単なんですね。」「自分一人でやっていたら、絶対わからなかった」
と、トレーニングでお伝えさせて頂いた内容に喜んで頂けました。
SketchUpは簡単なソフトなので、見よう見まねでも何となく出来てしまうソフトです。
それがゆえに、非効率的なやり方でもある程度は出来てしまいます。(そして、壁にぶつかり挫折が多い。)
簡単なソフトであっても、正しい(早い)使い方はあるし、セオリーをしっかり守ればよりスムーズに進みます。
癖もあるので、その特性を事前に聞いていれば、転ばぬ先の杖。
やはり効率的にSketchUpを習得するのには個人の努力だけではなく、なるべく早い段階でその専門の人(トレーナー)からトレーニングを受ける事だと痛感しました。
是非、トレーニングを受けて頂いて、SketchUpをもっと楽しみましょう。

次回は、8月12日(月・祝)千葉で行います。
詳しくは、こちらから →  https://tanba3.com/archives/373

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら