スケッチアップのインターフェース

スケッチアップのインターフェースを紹介します。

これです。立ち上げるとこんな画面です。

 

 

見てみてください。

初めて見た方はどんな印象を持たれました?

何か可愛いでしょ!

アイコンもこれを叩けばどんな事が出来るか何となくわかるし、ポップなデザイン。

こんな可愛い表情のスケッチアップが物凄い事が出来るとは、なかなか見えないんんですよね。

だから、イメージがお遊びソフトに見えてしまう様です。

一時、Googleへの買収でフリー版も出てなおさら軽いイメージになってしまった。(そのお陰でユーザーも増えましたが、・・・。)

コマンド数も少ないです。

標準は全部で150位。

それでも凄い事が出来るんです。

ちなみに、某有名3D(BIM)ソフトは、2000〜3000コマンドという噂。

そんなに使いこなせるの?って感じですよね。

スケッチアップの場合は、その上シンプルで直観的な操作性。

そして、まずソフトを立ち上げると、必ずこのおねえさんが出てきます。

 

 

名前は、ステイシーと言います。(スケッチアップの開発スタッフだそうです。)

邪魔なのですぐに消す人も多いです。

スケッチアップは世界中で使われていますので、俗に「世界で一番消される人」とも言われています。

でもおさねえんは消されても消されても、また次に立ち上げた時は出てきます。(※1)

物凄い根性の持ち主です。

そしてこのおねえさんには、キチンとした役目があるんです。

ここに3次元の建物を建てていった時、その大体の大きさがおねえさんと比較して何となくわかるんです。

極端に違った寸法の建物を作ったりしたら、すぐにわかるんです。

そして、不思議な事にこのおねえさんは、前しか向いてないんです。(※2)

三次元ソフトですから、360度どんな角度からも見えるのに、前しか向いてない。

背中は絶対に、僕らユーザーに見せません。

どんなヘビーユーザーでも、このおねえさんの背中を見たひとは未だにいないようです。

この初期画面は、カスタマイズ出来ますので僕の場合、自分をいれてます。

こんな感じ。

 

 

結構似てます。

スケッチアップ仲間の sunday modeling k さんがスケッチアップで作ってくれました。

自分のオリジナルなスケッチアップです。

いいでしょ!

 

(※1、設定で出なくも出来ます。)

(※2、スケッチアップの「フェースミー」という機能。)

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら