「自分の中に毒を持て」(岡本太郎)を読んで。

「自分の中に毒を持て」(著者、岡本太郎)を読んでみた。

岡本太郎氏が書かれた本、という事で、・・・。

もっと奇抜なイメージを持ていたが、読んでみて著者の印象が変わった。

かといって、勿論ありきたりの事を言っているわけでは無い。

「意外な発想を持たないとあなたの価値は出ない」

「一度死んだ人間になれ」と激を飛ばしてくれる。

「ダメな人間、不安で迷って自信が無い。何をしたらいいかわからない様な人への提言。」

「自分はダメなんだ、弱いんだ」とストレートに認める事。

「そうすれば、何かしら自分なりに積極的になれるものが出てくるかもしれない。」

「無条件にやりたくなるもの、情熱をかたむけるものが見いだせれば、きっと眼が輝いてくる。」

そして「これ、と思ったら、まず、他人の目を気にしないこと。」

そして「他人ばかりではなく、自分の目を気にしないことだ」と書かれている。

何か新しい事をするとき、・・・。

確かに他人の目を気にすると同時に、自分の目も気にしている。

もしかしたら、他人の目より自分の目の方を気にしているかもしれない。

自分は自分を裏切らない。

でも、時として、自分で自分の足を引っ張る事がある。

自分は最大の味方であると共に、最大の敵にもなる。

敵になるときの自分には勝たないといけない。

そんな時の自分は、結構厄介な敵だ。

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら