SketchUpが大好きな理由(わけ)

僕はSketchUp(スケッチアップ)が大好きです。
2006年に@Last社からGoogleに買収されVer5が出た時から使っています。
当時フリ-もしくは安価な3Dソフトを探していましたが、ネットで偶然見つけ初めてプッシュ/プルツールを使った時はかなりの衝撃でした。

「こんなに簡単に3Dが作れる。」

それからは、モデリングする事が楽しくて楽しくて、・・・。
早く覚えたかったので、すぐに販売元アルファコックスさんの「トレーニング」にも参加しました。
とにかく情報が欲しかったものですから、お隣の人に積極的に話しかけてお友達になったり。
SketchUp関係の情報発信(ブログ)をしている人にコメントを入れて、リアルでお会いしてお友達になったり。
年に1~2回あるアルファコックスさんのイベントには、平日でも(仕事を休んで)必ず参加して、またそこでお隣の人に声を掛けお友達になったり、・・・。

人のブログを見て「自分もやって見たい」と思いブログを初めてみたり。(現在はこのブログに移行)
SketchUpの仲間と、ひょんなきっかけで「ユーザー会」を作ったり。
2年に一度本場アメリカで開催されるイベント「3D BASECAMP」にあこがれ、2016年には遂にアメリカまで行って実際に参加したり。(写真はその時のものです。)
「こんなに楽しい・素晴らしいSketchUpは自分だけでやっているのはもったいない」と思い、2010年に個人的に講習会をやってみたり。
販売元の認定される「認定トレーナー」の試験を受け、2度目のチャレンジで合格して「認定トレーナー」になったり。

SkethcUpを知る前の自分では考えられない事ばかりです。
自分は引っ込み思案で人見知り。
人と話すのが得意ではないし何事にも消極的なタイプ。
しかしSkethcUpふが楽しい、もっと知りたい。
また、もっと仲間(ユーザー)を増やしたい。
という思いが、自分の消極的な性格より勝ってしまい、色々な事にも積極的に考え行動する様になりました。
全てSketchUpのお陰です。
今はSketchUpの仲間たちとワイワイ情報交換している時が一番楽しいです。

投稿者プロフィール

丹波 伸郎
丹波 伸郎
SketchUpが建築業界を始め様々な業種に普及する事が、コミュニケーションを円滑にし作業効率も上がると信じ、1人でも多くの人に伝えたいとの思いから日々思考錯誤を繰り返しています。

くわしくはこちら