SketchUp、中心を起点に長方形を描く

長方形ツールは以前ご紹介した通り、・・・。
四角の角のポイントをクリックして、対角の角をクリックして四角を描きます。→ (「長方形ツール」)

でも場合によっては、四角形の中心を起点に描きたい時もあると思います。
出来ます!  やり方は、・・・。

 

図形ツールバーから

 

長方形」を選択、クリック。

 

 

一番下の「ステータスバー」に現在使用しているツールに関するヒントが表示されていますが、
そこを見ると「対角を選択するか、値を入力します。Ctrl=中心から描画。」と書かれています。
一点目、地面をクリックする前(もしくは途中からでもOK)にキーボードの「Ctrl」をポンっと叩きます。
そうすると「中心起点モード」になります。

 

 

一点目の起点をクリック。

 

マウスで伸ばします。

起点を中心に四角形が描かれている事がわかります。

 

 

ステータスバーの右側にある寸法は、その四角の寸法です。

 

 

クリックして色が変わりました。面が張られたという事です。

四角形を描くにも、用途に応じて描き方が色々あります。

SketchUp、既存の高さに合わせて「プッシュ/プル」

SketchUpは、プッシュ/プルで立体に立て起こす時、既にある図形の高さに簡単に合わせてプッシュ/プルする事が出来ます。

 

 

あらかじめ、それぞれの高さの四角い箱(直方体)を作っておきます。
一番左が3,000、真ん中が2,000、一番右(奥)が1,000の高さです。
この高さに簡単に合わせてプッシュ/プルする方法です。

 

 

まずは、右横に長方形ツールで四角形を描きます。

 

 

面が張られました。

 

 

ツールバーから「プッシュ/プル」ツールをクリック(起動)

 

 

右側に描いた長方形を選択(クリック)して プッシュ/プル します。

 

 

マウスを画面上側に動かし引っ張り上げます。
(左クリックの指は離してマウスのみで)

 

 

マウスポインタを、そのまま一番左の図形まで持っていくとガイド線(点線)が出てきます。
図形に触れると、触れた所に関するツールヒントが表示されます。

端点・エッジ上・面上のどこかに触れて、その状態でクリックするとその高さと同じ高さでプッシュ/プル出来ます。(ここは3,000)

 

 

真ん中の図形で端点を掴んでクリックすると、また同じ高さでプッシュ/プル出来ます。(ここは2,000)

 

 

右奥の一番低い図形の端点を掴んでクリックすると、それと同じ高さ」でプッシュ/プル出来ます。

 

この様に、既存の図形の高さに合わせてプッシュ/プルが簡単に出来ます。
これもなかなか便利でよく使います。
たくさん図形がある場合、遠くの高さに合わせる事も出来ます。

SketchUp_このブログについて

SketchUp Pro 認定トレーナー丹波です。
建築現場で施工図の仕事をしています。
このブログでは、スケッチアップの事を中心に色々な情報を発信していきたいと思います。

SketchUp初級・中級トレーニングではスケッチアップを、最初からわかりやすくご説明いたします。
8月に千葉で行います。

詳しくは下記をご覧下さい。

8月12日(月・祝)千葉市生涯学習センター
詳細・お申込みは → こちら

SketchUp、自動で正方形と黄金分割

SketchUpは直感的な操作が魅力的です。
長方形ツールで四角を描く時、寸法を指定しないでも簡単に「正方形」を描く事が出来ます。

一点目をクリックして、二点目を決める時。
正方形に近い比率の所に来ると、対角に点線が現れ「正方形」の表示が出ます。
そこで二点目をクリックすると、任意の大きさの正方形が描けます。
寸法は指定しないが「正方形」を描きたい時には便利です。


出来ました。

 

そしてもう一つ、・・・。
最も美しいといわれる長方形の比率「黄金分割」も自動的に描けます。(1:1.618)
正方形を見つける時と同じ様に、・・・。
一点目をクリック、二点目を決める時マウスを移動して探していると「黄金分割」という表示が出ます。
そこで二点目をクリックで、任意の大きさの黄金分割の長方形が出来ます。


この機能もなかなか便利です。

SketchUp「プッシュ/プル」事前選択

 

今回は「事前選択」をしてからの「プッシュ/プル」をご紹介します。
いつもは「プッシュ/プル」コマンドを起動させてから、プッシュ/プルする面を選択して立体に起こしますが、・・・。
最初に指定しておくやり方です。
まず最初に、設定を変えます。

 

 

メニューバーの「環境設定」→ 一番下の「描画」→ 「その他」→ [プッシュ/プル]ツールの事前選択を無効にする → の ✔ チェックを外し「有効」にする。

 

 

前回作った3,000の立方体の横に、「長方形ツール」で長方形を描きます。

 

 

そして、左上のツールバー。黒矢印の「選択ツール」をクリックしてそれまでのコマンドを解除してから、右に新たに描いた長方形をクリックして「選択します。事前に「この面をプッシュ/プルします。」と決めます。

 

 

クリックするとドット表示になり少し色が変わります。
選択した、という証拠)

 

 

それからツールバーの「プッシュ/プル」ツールをクリックして起動させます。

 

 

この時点で既にプッシュ/プルする面は指定されていますから、・・・。
プッシュ/プルで立て起こす量(数値)を決める起点。一点目をクリック。
ここでは左にある立方体の下端角(端点)をクリックして選択。

 

 

そのままマウスを持ち上げて二点目の立方体上部、端点をクリックすると、
そこまでの距離の数値分だけプッシュ/プルされます。
結果的に、左と同じ高さの直方体が出来ます。


プッシュ/プルにも色々なやり方があり、これもその一つの方法です。

 

 

※ 7月20日(土)千葉で初級・中級 トレーニング(講習)を行います。
詳しくは → こちら から

SketchUp「プッシュ/プル」で立体を起こし、寸法を入れる

地面に描いた四角形を立体に起こします。
「プッシュ/プル」ツールを使います。

 

まず、ツールバーから「プッシュ/プル」ツールをクリックして起動させます。

 

 

地面の四角形の所にマウスカーソルを持っていき、四角形に触れると選択されドット表示になります。(グレーの所に小さいプツプツが出る)
面をクリック。(←クリック後左指を離す)
クリックすると、マウスが面を掴んだ事になります。

 

 

マウスを上方向に移動。
面を持ち上げます。
任意の所でクリック。
簡単に立体になります。
(寸法を指定しない高さでの「プッシュ/プル」

 

 

このままの状態からテンキーで 3,000 Enterで高さは 3,000 になります。
左下のVCB(バリューコントロールボックス)で確認出来ます。

 

 

この立体自体を計測して再度確かめます。
メニューバー → 「寸法」をクリック。(寸法のアイコンをクリックでも良いです。)
寸法ツール が起動します。

 

 

確認(計測)したいポイント、端点にマウスを持っていくと緑丸印が出て  「端点」とツールヒントが出ますので、一点目をクリック。

 

 

二点目も「端点」とツールヒントが出たところでクリック。

 

 

寸法が出てきます。
寸法線を伸ばしたい方向にマウスを移動して任意の所でクリックして決めます。
3,000mmになっている事がわかります。

この様に簡単に立体を起こし、寸法も入れられます。

 

 

※ 7月20日(土)千葉で初級・中級 トレーニング(講習)を行います。詳しくは → こちら から

SketchUp「長方形ツール」で四角を描く

 

数日前の投稿で「線ツール」で四角を描きましたが、もっと簡単なやり方があります。
今回ご紹介するのは「長方形ツール」です。

 

ツールバー「図形」プルダウンメニューをクリック。
下向き矢印 🔻 クリック

 

4種類出てきますがその中、一番上の「長方形ツール」を選択(クリック)

 

クリックすると、すぐ鉛筆マークのカーソル(ポインタ)の先に赤(もしくは緑か青)色の四角が付いてきます(ここでは赤)。これは「赤軸に対して垂直に四角を描きます」というメッセージです。(赤はX軸、緑はY軸、青はZ軸)

 

地面の近くにポインタを持ってくると、だいたい青軸になります。
これは「床面に四角を書くんだろーなー」と自動的にスケッチアップが判断して
くれています。(スケッチアップは、こういう推定機能が素晴らしいです。)

 

そこで、任意の所を1点目のポイントをクリック

 

そして対角線上に、ガイド線の四角が青になっている事を確認しながら伸ばし、任意の所をクリック。
出来ればドラッグ(左マウス押しっ放し)ではなく、左マウスは押さないで(離して)マウスだけを移動するのがいいです。

 

2点目をクリック。
四角が描けます。そして「面」が張られた事がわかります。
(面が張られた所はグレーになります。)
適当(任意)に描きましたが、その数値は左下の「寸法」と書いてある所の右側にXとYの寸法値が表されています。(3953mm X 5851mm)
この数値が示されているボックスをBCV バリューコントロールボックス(値制御ボックス)と言います。

 

適当な数値ではなく、キッチリした寸法の四角にしたい場合はこの段階でテンキーから、例えば    3000、(カンマ)3000と入力 して → Enterを叩きます。


ここの    ↑   BCVの数値は、3000X3000 になり3000角の正方形になります。

 

ご覧の様にスケッチアップは最初にイメージで適当に描いて、あとで数値の情報を入力して正確な数値のモデリングが出来ます。
これが、スケッチアップが「直感的な操作」と言われる由縁でもあります。

 

※ 7月20日(土)千葉で初級・中級 トレーニング(講習)を行います。詳しくは → こちら から

SketchUp 初級・中級トレーニング実施

SketchUp 認定トレーニング(初級+中級コース)を実施します。

SketchUp Proを最初から学びたい方のためのトレーニングです。
初めて、もしくはそれに近い方にお勧めのコースです。
最初の設定から、わかりやすくご説明いたします。

日時

2019年7月20日(土)13:00~17:00(受付12:30~)

会場

「千葉市生涯学習センター」

3階 ミーティングルーム(JR千葉駅から徒歩8分)
千葉県千葉市中央区弁天3丁目7番7号 (有料駐車場有り)

交通アクセス

JR・京成 千葉駅より徒歩約8分

http://www.chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

費用

初級+中級コース:30、000円(+消費税2、400円)

定員

6名

お申込締切

2019年7月12日(金)

受講対象者(初級+中級コース)

Windows/MacのOSの基本操作が出来る事ファイルを開いたり、
ダブルクリックやドラッグ操作などができる事。

トレーニングの詳細

SketchUp Pro 2019 の機能を紹介しながら、設定から基本的なコマンドの説明と便利な機能を使った作図演習を行います。(受講される方はSketchUpのバージョンは下位バージョンでもOKです、)講師はWindowsPCでトレーニングを行います。Macは要所要所でコマンドの説明などを行いますが、基本的にはWindowsでの トレーニングとなります。トレーニングメニュー(参考)は  → こちら

持ち物

PC、筆記用具、ホイール付きマウス。 PCには「SketchUp Pro」もしくは、試用版をインストール願います。※試用版はインストールから30日間使用可能です。ダウンロードは →こちら

PCの貸し出し

希望者には、SketchUpProインストール済のPC(Windows)を貸し出しいたします。台数に制限があるためPCの貸出し希望の方は早めにお問い合わせください。貸し出しは先着順とさせていただきます。ご希望の方はお申し込みの際に「PC貸出し希望」の旨をお知らせ下さい。

担当講師

SketchUp Pro 認定トレーナー 丹波伸郎
( プロフィールは → こちらhttps://www.alphacox.com/training_info/suats/suatrainer/

お申し込みについて

お問い合わせ」← をクリックして「お問い合わせ」フォームからお申し込みください。

もしくは、下記のアドレスへ「メール」でお申込みでも構いません。

obunobanta@me.com

参加申し込み要項

  • 題名:0720_SketchUp Pro 初級+中級コーストレーニング申込み
  • お名前(ふりがな)
  • メールアドレス
  • 職種:
  • スケッチアップ歴(MACユーザーの方はその旨も)
  • PC貸出しの有無

ご質問ご要望等も「おい合わせ」フォームからお願いします。

 

申込みされた方には、申込み確認のメールを2日以内に返信いたします。
※ 3日以上経っても返信メールがない場合はサブアドレスにご連絡ください。(サブアドレス →n_tanba@goo.jp)

返信メールで参加費のお支払い方法(振込み先)をお伝えします。

では、お待ちしています。

SketchUpの画面操作

3Dの画面を扱うには独特の操作が必要です。その操作方法。

線ツールで空中に円を描いてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

左上の矢印をクリックして終了。

カクカクしていますが、一応丸〇が描けました。

 

 

オービットツールで画面を右側に旋回してみましょう。

※ オービトツールとは、
操作画面の中心を原点として視点を回転させます。
作業では、オービトツールは頻繁に使います。
黒矢印「選択」の状態で、ホイールマウスを押すと
「オービットツール」に切り替わります。

 

ホールマウスを押したまま、マウスを左側に移動させるとこんな風に画面自体が左に回転します。

 

更に左に回転させると、全然丸ではない。
描いた図形は実は「丸」ではなかった事がわかります。

※この様にオービットツールを使って色々な方向から見ながら、正確な
形を確認しながら3次元モデリングをします。

 

ホイールマウスをドラッグ(押しながら移動)でオービットツールになります。

 

オービットツールのまま、左手でShiftキーを「押しながら」にすると画面移動(PAN)になります。

 

スクロールマウスを手前に回転して → ズームイン
奥に回転させて → ズームアウト になります。

SketchUpは、この3種類の機能
オービット ・ パン ・ ズームを使いながら、画面操作をしてモデリングを行います。

 

SketchUp線ツールで四角を描く

 

SketchUp 線ツールを使って四角形の描き方をご説明します。

・線のツールバー →プルダウンメニュー → 線ツールを選択

 

・線ツールをクリック

 

・任意の所、一点目をクリック

 

・ツールヒント(簡易な説明文字)緑の軸上 を意識しながらマウスを移動する

 

・そのまま伸ばし

 

・任意の所まで持っていき(ツールヒント ここでは3,000mm)

 

・クリック。 緑の線が 黒 に変わり線が引かれる。

 

次は赤軸方向へ線を引く(ここでは右側へ)

 

・線が赤色になっている事を意識しながら、マウスを移動。

 

・赤線上の任意の所でクリック。(ここでは3,000 )

 

・線が黒色になり、・・・。線が引ける。

 

・今度はまた、緑線上にマウスを移動。

 

・反対側の緑軸上の線の端点近くまでいくと、グレーの丸印のポイントが出てきて、赤軸と平行な点線が現れますので そこで クリック。

 

・線が黒くなり、黒い線が引かれる。

 

・また、赤線上を意識しながらマウスを移動する。

 

・一番最初の一点目のポイントに向かってマウスを移動し、端点をクリック。

 

・線が黒くなり、線が引ける。四本の線が閉じられると、自動的に面が出来てグレーに着色される。

 

四角が出来上がりました。(3,000角の正方形)