SketchUp_2Dデータを取り込んで階段を描く方法

今回は2DのCADデータを取り込んでモデリングをしてみたいと思います。
半地下の小さい階段です。

動画でのご説明はこちらです。

 

2D-CADで描いた図面。下が平面、上が断面です。このデータをSketchUpに取り込んでモデリングします。

 

まず、ファイル → インポート で2D-CADデータを取り込みます。

 

取り込む拡張子をAutoCADデータに指定します。

 

使うデータを選びます。

 

尺度 → 単位 を ミリメートルにします。

 

これで OK です。

 

インポート 開始!

 

こんなダイアログが出ますので「閉じる」で終了です。

 

無事、インポート(取り込み)出来ました。取り込むと数字・文字は消えます。取り込んだ全体がグループになっていますので「分解」します。

 

奥の「断面」のほうは後で立て起こして使いますので、グループにしておきます。

 

モデリングに不要な線は、消します。

 

あらかじめ基準点を打ってありますので、そこから長方形ツールで四角を描きます。

 

面が張られました。

 

全て完全には面が張れませんので、残ってしまった所は「線ツール」で手動で なぞって面を張ります。

 

奥にとってあった断面は、回転ツール立て起こします。回転ツールは右矢印のテンキーを押しても良いですし、この様に基準線をドラッグしてもいいです。

 

右下のバリューコントロールボックスが90度になったら、ENTER。

 

そして平面と断面、基準を合わせます。

 

DXFやAutoCADデータを取り込むと、尺度(縮尺)が違っている場合があります。ここの階段有効幅は1020ですが、測ると2040になっています。これを調整します。測った時点で、キーボードで「1020」と入力。

 

ENTER   で「モデルのサイズを変更しますか?」と聞いてきますので、「はい」を選択してください。指定した部分は「1020」になり、それを基準に全体の縮尺が調整されます。

 

準備が出来たところで、モデリングにかかります。外側のクランクした壁を、・・・。断面を基準に高さを合わせて押し上げます。

 

同じ様に他の階段もそれに合わせます。

 

そして、微調整をします。

 

最後に、土になる部分を押し上げます。

 

余分な線は、消しゴムツールでドラッグして消します。

 

面が裏だったので、すべての面を表に変えました。

 

2D-CADデータを使ってモデリングが出来ました。

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました。

SketchUp_フォローミ-ーツールのご紹介10_ボールとドーナツの描き方

今回は、SketchUp_フォローミ-ーツールのご紹介10_ボールとドーナツの描き方をご説明させて頂きます。

 

動画でのご説明はこちらです。 ↓

 

まず地面に任意の大きさの丸(円)を描きます。

丸(円)を描いたら、そのあとクリックはせずにマウスを動かすだけで、円の中点にマウスを持っていき、そこから青軸方向(垂直)にマウスを上にあげます。(まだクリックはしない)

 

 

ある程度上にあげたら、キーボード矢印キーの左←を押す。

そうすると、鉛筆カーソル先の丸が緑色になり向きも緑方向になります。   適当な高さまで上げ、クリックして新しい円の中点を決めます。

 

マウスカーソルを伸ばし、半径を適当なところで決めます。

 

クリックすると円が描かれ、面が張られます。

 

そしたら、床に描いた円をクリックして選択します。

 

フォローミーツールをクリック。

 

上の立て起こしている円をクリック。

 

円がボール(球)になります。

(スケッチアップには「球」を描くコマンドはありません。)

 

もう一つ、・・・。

ドーナツを描いてみます。

ボールの時と同じ様に、床に丸(円)を描き、・・・。

今度はその床の丸の中心ではなく、外形線の所から上にマウスカーソルを伸ばします。

 

同じ様に、キーボード矢印キーの左を押し、緑方向にします。

 

 

高さを調整して、適当な高さになったらクリック。

面が張られます。

 

床の丸をクリックして、選択。

フォローミーツールのパスを選択します。

 

 

フォローミーツールをクリック。

 

 

立て起こしている丸(円)をクリック。

 

 

ドーナツが出来ます。

 

マテリアルブラウザから、適当な色(マテリアル)を付けてみましょう。

 

ボール(球)のほうにも柄の入った色(マテリアル)を付けます。

 

見た目を分かりやすくするために、「影」を付けます。(影ツールをオンにします)

 

こんな感じで、ボールとドーナツができました。

以上です。

最後まで見て頂きましてありがとうございます。

 

1年半のプロジェクト終了_図面チーム解散会

約1年半、現場へ常駐して図面の仕事をしていましたが、・・・。

やっと終了しました。

昨日、図面チームの身内だけ3人で解散会。

Mさんは「これからも、たまには息抜きで呑みましょう」って言ってくれるし、・・・。

Nさんも「AutoCADの事でわからない事があったらいつでも電話下さい」って言ってくれて嬉しかったです。

それぞれ、別なプロジェクトのお仕事になりますが何かの時には助け合っていけたらと思います。

 

お店は船橋駅からすぐ近くで、ガード下の「金魚屋」さん。

 

日本酒の種類が豊富なお店です。美味しい日本酒がいっぱいあります。

 

おでんと、締めのお蕎麦が美味しいと聞いていましたが他の料理も美味しかった。

お店は、何となく昭和の懐かしさを感じさせてくれるお落ち着いた雰囲気。

また来たくなる様なお店でした。

 

来週からまた新たな気持ちで頑張ろう!

 

 

 

SketchUp_フォローミーツールのご紹介-9_外壁化粧モールの描き方

今回は外壁の化粧モールの作り方をご説明させて頂きます。

 

まずは動画で見て頂ければわかりやすいと思います。 ↓

 

こんな外壁に化粧モールが付いています。

 

 

これもフォローミーツールでモデリングしました。

この下にももう一本同じ化粧モールを付けたいと思います。

 

右端のモールの断面を利用します。

 

このモール断面を、CTRLを押しながら移動ツールでコピーします。

 

 

下まで持っていきます。

 

そしてフォローミーツールのパスを作ります。

 

外壁外側の線とぐるっと選択します。

 

順々に選択していきます。選択すると色がブルーになります。

 

ひとつづつクリックして、つながる線にします。全部選択したところで、

フォローミーツールをクリック。

 

 

そして最初に下した化粧モールの断面をクリック。

 

パスにそって断面からモールが生成されました。

 

遠くから見るとこんな感じです。

 

左側から見るとこんな感じです。

 

以上、外壁の化粧モールの描き方でした。

 

最後まで見て頂きましてありがとうございました。

 

 

 

 

SketchUp_フォローミーツールのご紹介-8_階段手摺笠木の描き方

今回はフォローミーツールを実際にどんな風に使うのか、のご紹介です。

内部階段をモデリング、手摺金物の笠木を描く場合です、・・・。

 

あらかじめ笠木以外はモデリング済みで、最後の笠木を描く場合パスになる線を描いておきます。

 

繋がっている線を描いていますので、トリプルクリックで選択します。    (選択した部分は青くなっています。)

 

違う角度から見るとこんな感じです。(まだ選択した状態です。)

 

事前に繋がっている線の一番先端に、線と垂直な〇丸が描いてあります。

 

その丸をクリック

 

青いつながった線がパスになり、丸を伸ばす感じになります。

 

上のほうをもこの様につながっています。

 

 

全体はこんな感じです。

 

 

だいぶ前の作品ですが、その後レンダリングもしてみました。

これで打ち合わせに使いました。

 

動画はこちらをご覧ください。 ↓

最後まで見て頂きましてありがとうございました。

SketchUp_フォローミーツールのご紹介-7_テント屋根の描き方

今回は、SketchUp_フォローミーツールのご紹介-7_テント屋根の描き方 をご説明します。

 

四角い天板の上に緑色の三角を描きます。 といっても、三角の斜めの所は直線ではなくRです。2点円弧で描きました。

 

 

天板をまずクリック。 (天板がドット表示になり選択されたことになります。そうする事により、外形線の四角がフォローミーのパスになります。)

 

 

フォローミーツールをクリックで起動させた後、この緑色の三角部分    (斜め面R)をクリック。

 

こんな風になります。 テントの屋根の様な形状ふが出来ました。

 

動画はこちらです。↓

ありがとうございました。

SketchUp_フォローミーツールのご紹介-6、壺を描く

今回は、SketchUp_フォローミーツールのご紹介-6「壺(つぼ)を描く」です。

動画のご説明はこちらからどうぞ。 ↓

 

まずはじめに、壺の断面の半分右側を描きます。

 

2点円弧を使って壺の曲線を描きます。

 

完成した壺を予想しながら、円弧を組み合わせていきます。

 

この辺、肩の部分。

 

そして首の部分を想定しながら円弧ツールで描いていきます。

 

最後の部分です。

 

右側、断面として不要部分を消しゴムツールで削除。

 

出来たら、右の曲線の部分を選択します。

 

選択できましたら、面を作るためオフセットツールを使い線を2重にします。

 

簿調整します。

 

上のほうの最後は、半円で閉じます。

 

余分な線を消します。

 

わかりやすい様にマテリアル(テクスチャー)を張ります。

 

そして全体を選択。

 

回転ツールで、立て起こします。

 

90度で決めてENTER。

 

軸を中心に適当な大きさの〇丸を描きます。

これは、フォローミーツールのパスになります。

 

丸の中をクリック(選択)

 

フォローミーツールをクリックして今描いた曲線の面を張った所をクリック

 

すると、こんな壺が出来ます。

 

結構面白いです。完成。

最後まで見て頂きまして、誠にありがとうございました。

SketchUp_フォローミーツールのご紹介-5、ボードリングのピンを描く

今回はSketchUp_フォローミーツールのご紹介-5

ボーリングのピンを描いてみます。

動画でもご説明しています。こちらをご覧ください。↓

 

まずはじめにボーリングのピンの断面の半分右側を描きます。        円弧ツール(2点円弧)を使います。

 

円弧ツール(2点円弧)でピンの下の部分を描きます。

 

そして上のほうも、同じ様に描きます。

 

そして、くびれている部分も同じく「円弧ツール」(2点円弧)で描きます。

 

最後、頭の部分も描きます。

 

そして、余計な線を消しゴムツールで消します。

 

下のほうも、同じ様に消しゴムツールで消します。

 

描いたピンの断面の半分の絵を、選択します。

 

回転ツールで立て起こします。回転ツールを使います。

 

ピンの下端、回転の軸になる部分(線)をドラッグで軸を方向指定します。

 

立て起こし、90度の所で止めます。(テンキーで90→ ENTER でも可)

 

わかりやすい様に色を付けます。「マテリアル」から適当な色を選んで付けます。(今回はピンク)

 

そして、下面にフォローミーのガイドとなる〇丸を描きます。        (事前に、上 ↑ 矢印キーで青軸に固定しておく)

 

いよいよ「フォローミー」します。 下の丸をクリックして選択します。

(これで、この丸の外形線を選択した事になり、フォローミーするパスの指定となる)

 

「フォローミーツール」クリック。

 

ピンの断面部分(ピンクの部分)をクリックします。

 

ボーリングのピンが出来ます。

以上です。

最後まで見て頂きまして、ありがとうございました。

 

スケッチアップ・ユーザーグループ「京都グループミーティング」

SketchUpユーザー情報交換の場スケッチアップユーザーグループ」の

プチ・グループミーティング」を、9月1日(日)に京都市左京区で初開催します。

グループミーティングとは、・・・。

参加したスケッチアップユーザーが、それぞれノートPCを持込み、 全員が順番にプロジェクターに画面を映しながらプレゼンします。 スケッチアップを使った事例発表や、便利なプラグインの紹介。 スケッチアップのマニアックな使い方、見つけた情報、などなど、・・・。 スケッチアップに関する事なら何でも OKです。 自己紹介を含めて1人10分から20分程度のプレゼンで一周します。 要するに「情報交換会」の様な感じです。 会費は無料ですが、会場費を割り勘します。(1人1,000円程度) 終了後は、希望者のみ居酒屋で懇親会。(割り勘。)

参加条件

SketchUpPro版(有料版)ユーザーでPC持ち込みが出来て、自己紹介を含め 10分以上のスケッチアップに関するプレゼンが出来る方。 京都市内及び近郊のスケッチアップPro版ユーザーの方で、ご興味のある方はご連絡ください。

( 丹波伸郎 obunobanta@me.com まで )

参考記事

→  昨年8月東京開催の記事  
→  今年5月東京開催の記事   
→ 今年7月名古屋開催の記事

SketchUp_フォローミーツールのご紹介-4、フォローミーで屋根を作る

今回もフォローミーツールのご紹介-4です。
フォローミーツールを使って屋根の描き方をご説明します。
説明動画はこちらです。 ↓

 

今回事前に直方体と茶色い△三角形を描いてありますので、それで屋根を描きます。
フォローミーツールをクリック。
ALTキーを押しながら、・・・。

 

三角形をマウスで掴んで、左指をマウスから離さずドラッグで四角の天板の中心めがけて移動。 → クリック。

 

こんな形の屋根になります。以前の投稿でもご説明しましたが、・・・。
天板へドラッグする事で、天板の四角の外形線をパスにし、それに沿って三角形をフォローミーする形になり、結果的に四角錘の屋根が出来ます。

 

こちらも同じです。
フォローミーツールをクリック。
ALTキーを押しながらピンクの三角形をドラッグで天板中央めがけて移動。

 

クリックで、こんな屋根が出来ます。

 

これも同じやり方でやってみましょう。
フォローミーツールをクリック。
ALTキーを押しながらオレンジ色の三角形をドラッグで天板中央めがけて移動。

 

クリックでこんな形の屋根が出来ます。
理屈はどれも一緒です。

 

今度はこんな形を作ってみました。
ほとんど「線ツール」で描いてます。ちょこっとだけ「三点円弧」を使いましたが。

 

今までと同じ様にやります。
フォローミーツールをクリック。
ALTキーを押しながら水色っぽい色の所をドラッグで、天板中央めがけて移動。

 

クリックでこんな形の屋根が出来ます。

 

こんな複雑な形の屋根をワンクリック、一発で作ってしまうフォローミーツール。

 

スケッチアップの醍醐味だと思います!