SketchUp 夜間レッスン 始めます-2

SketchUp 認定トレーニング。

通常は、続けて4時間のトレーニング時間です。

途中、休憩も挟みますが、・・・。

4時間づっと集中し続けているのは結構疲れます。

半分に分けて、前半2時間。

また違う日に、残りの後半2時間を行うのも有りかもしれませんね。

ご興味のある方は、お問い合わせください。

お待ちしています。

SketchUp 夜間レッスン 始めます!

今まで、休日の日中に行っていました「SketchUp 認定トレーニング」ですが、・・・。

平日の夜に行う「夜間レッスン」を始めたいと思います。

詳細につきましては、後日またお知らせします。

ご興味のある方はお問い合わせください。

宜しくお願い致します。

2月SketchUp初級・中級トレーニング  (千葉)のご案内

2020年2月_SketchUp 認定トレーニング
(初級+中級コース)を千葉で行います。


SketchUp Proを最初から学びたい方のためのトレーニングです。
初めて、もしくはそれに近い方にお勧めのコースです。
最初の設定から、わかりやすくご説明いたします。

日時

2020年2月11日(月・祝)
10:00~15:00(受付12:30~)

会場

丹波(トレーナー)自宅「レッスン室」
(受講者には詳しい場所をお伝えします。)

交通アクセス

千葉都賀駅(JR 総武本線・千葉駅から2つ目)徒歩10分

費用

初級+中級コース:30、000円(+消費税2、400円)

定員

4名

お申込締切

2020年2月5日(水)

受講対象者(初級+中級コース)

Windows/MacのOSの基本操作が出来る事ファイルを開いたり、
ダブルクリックやドラッグ操作などができる事。

トレーニングの詳細

SketchUp Pro 2019 の機能を紹介しながら、設定から基本的なコマンドの説明と便利な機能を使った作図演習を行います。(受講される方はSketchUpのバージョンは下位バージョンでもOKです、)講師はWindowsPCでトレーニングを行います。Macは要所要所でコマンドの説明などを行いますが、基本的にはWindowsでの トレーニングとなります。トレーニングメニュー(参考)は  → こちら

持ち物

PC、筆記用具、ホイール付きマウス。 PCには「SketchUp Pro」もしくは、試用版をインストール願います。※試用版はインストールから30日間使用可能です。ダウンロードは →こちら

PCの貸し出し

希望者には、SketchUpProインストール済のPC(Windows)を貸し出しいたします。台数に制限があるためPCの貸出し希望の方は早めにお問い合わせください。貸し出しは先着順とさせていただきます。ご希望の方はお申し込みの際に「PC貸出し希望」の旨をお知らせ下さい。

担当講師

SketchUp Pro 認定トレーナー 丹波伸郎
( プロフィールは → こちらhttps://www.alphacox.com/training_info/suats/suatrainer/

お申し込みについて

お問い合わせ」← をクリックして「お問い合わせ」フォームからお申し込みください。

もしくは、下記のアドレスへ「メール」でお申込みでも構いません。

obunobanta@me.com

参加申し込み要項

  • 題名:200211_SketchUp Pro 初級+中級コーストレーニング申込み
  • お名前(ふりがな)
  • メールアドレス
  • 職種:
  • スケッチアップ歴(MACユーザーの方はその旨も)
  • PC貸出しの有無

ご質問ご要望等も「おい合わせ」フォームからお願いします。

 

申込みされた方には、申込み確認のメールを2日以内に返信いたします。
※ 3日以上経ちましても返信メールがない場合はサブアドレスにご連絡ください。(サブアドレス →n_tanba@goo.jp)

返信メールで参加費のお支払い方法(振込み先)をお伝えします。

では、お待ちしています。

今年の目標は「去年の自分を超える!」

去年末から「今年の目標」を建てようと思ったのですが、・・・。
何にも思い浮かばなかったのでとりあえず去年1年間の自分を、振り返ってまとめてみました。
仕事とSketchUpに分けて、・・・。
去年後半は、仕事がちょっとハードで落ち込んだり、自分に自信が無くなったり、・・・。10~12月は憂鬱な日もありました。
そんな日々が多かったのですが、周りの人たちのお陰で何とか納まっている様にも思えます。
SketchUpに関しては、何だかんだ言って「思い返すと意外とインプットもアウトプットもしていたのかな」という感想。

今年の目標は「去年の自分を超える事!」
これにしました。

他人と比較しても落ち込むばかりで自己肯定感がなかなかわかない。
過去の自分(去年の自分)を目標に、超えられる様に頑張りたいと思います!

(去年の自分のまとめ)
■ 仕事
1~6月、前年からの常駐現場で、引き続きで最後のまとめ。竣工図まとめ。
7~12月、新規現場、結構タイトなスケジュールの現場で、なかなか波に乗れず悪戦苦闘の日々。

■ SketchUp関連
・アウトプット
ブログ投稿数  :105記事投稿(そのうち SketchUp関連 83記事)
YouTube投稿数  :39動画 投稿(SketchUp関連)
SketchUpトレーニング実施回数 :3回実施(申し込み無しで中止3回)

・インプット
2/7 3DBASECAMP 2019 in Tokyo(渋谷)参加
3/3 プラグイン「MS-Physics トレーニング(講師:土屋氏)」受講
3/8 SketchUp認定トレーナー2019フォローアップ研修(ウェビナ)受講
3/31 SketchUpユーザーグループ第23回グループミーティング(京橋)参加
4/5 SketchUp 研究会第9回定例会 参加
5/17 Kubityウェビナー (アルファコックスさん)受講
5/26 SketchUpユーザーグループ第24回グループミーティング(京橋)参加
7/15 SketchUpユーザーグループ、名古屋グループミーティング参加
8/23 Twinmotion体験セミナー(アルファコックスさん)受講
9/1 SketchUpユーザーグループ、京都グループミーティング参加
9/29 SketchUpユーザーグループ第25回グループミーティング(京橋)参加
11/24SketchUpユーザーグループ第26回グループミーティング(京橋)参加

SketchUp_プラグイン「Layer Manager」のご紹介

SketchUp も他のCADと同様、Layer(レイヤー)という概念もあります。
それを制御する様なプラグインもいくつかあります。
(Extension Warehouse から「Layer」で検索すればいくつかあります。)
今回ご紹介するのはその中の一つ、Layer Manager(D.Bur氏作)

プラグインをインストールすると、下記の様なメニューバーが出てきます。

そのザックリした説明です。
まだ未確認な所もありますが、確認した所だけでもお伝えします。

Layer Tools1
1、クリックしたオブジェクトが「現在レイヤー」になる。

2、クリックしたオブジェクトのレイヤーのみが表示される。

3、クリックしたレイヤーを非表示。

4、全レイヤーを全て表示。

5、現在レイヤーのみ表示。他のレイヤーは非表示になる。

6、レイヤーのON・OFFの反転。(ONがOFFに、OFFがONになる)

7、同一レイヤー全てを選択。

8、オブジェクトをクリック後、この番号のツールをクリックでオブジェクトが現在レイヤーへ移動する。

9、オブジェクトをクリック→この番号のツールをクリックで、選択したオブジェクトのレイヤーのみが表示される。

10、オブジェクトをクリック→この番号のツールをクリックで、選択したオブジェクトのレイヤーが全て非表示になる。

Layer Tools2
1、フィルターでレイヤーを表示。(未確認、具体的なやり方はこれから確認します。)

2、フィルターでレイヤーを分離。(未確認、具体的なやり方はこれから確認します。)

3、フィルターでレイヤーを隠す。(未確認、具体的なやり方はこれから確認します。)

4、レイヤーの色のON・OFF。

5、レイヤーのプロパティコピー(最初に選択したオブジェクトのレイヤーに、次に選択したレイヤーをコピー)

6~12は未確認です。(今後確認していきます。)

13、使用マニュアルpdfが表示されます。(英語)

今後も、使いながら確認していきますので、また追加情報をお伝えするかもしれません。

宜しくお願い致します。

スケッチアップ・ユーザーグループ。京都プチ・グループミーティング終了。

今日は初の京都での、グループミーティング。
何人集まるか?
4〜5人でもいいからやろう!
っと決めて始めましたが、・・・。
蓋を開けてみたら、トータルで13人のスケッチアップユーザー+1名の見学者の参加で大盛況!「時間が余ったらどうしよう」と心配していましたが、最後は足りなく微妙に時間オーバーしてしまい、ヒヤヒヤでした。
初参加の方も熱心なユーザーで凄い楽しかったです。
初めて「ペンマウス」のユーザーを見て感激、噂には聞いてましたが実際に見させてもらいました。
道具ひとつ取っても、色々な使い方を知れて本当勉強になります。
このグループ。
懇親会では、東京の時とは全然違うノリだし。
関西ならではなのかどうかわかりませんが、・・・。
写真は、バグった時に保存される場所が2019バージョンから変わった件。
質問された方にお答えされているT澤さんの回答でした。
しかし関西のスケッチアップ・ユーザーもとっても濃かったですね。
今日も刺激的な一日でした。

9月SketchUp初級・中級トレーニング  (千葉)のご案内

9月_SketchUp 認定トレーニング
(初級+中級コース)を千葉で行います。

SketchUp Proを最初から学びたい方のためのトレーニングです。
初めて、もしくはそれに近い方にお勧めのコースです。
最初の設定から、わかりやすくご説明いたします。

日時

2019年9月16日(月・祝)
13:00~17:00(受付12:30~)

会場

丹波(トレーナー)自宅、「レッスン室」
(受講者には詳しい場所をお伝えします。)

交通アクセス

千葉都賀駅(JR 総武本線・千葉駅から2つ目)徒歩10分

費用

初級+中級コース:30、000円(+消費税2、400円)

定員

4名

お申込締切

2019年9月7日(土)

受講対象者(初級+中級コース)

Windows/MacのOSの基本操作が出来る事ファイルを開いたり、
ダブルクリックやドラッグ操作などができる事。

トレーニングの詳細

SketchUp Pro 2019 の機能を紹介しながら、設定から基本的なコマンドの説明と便利な機能を使った作図演習を行います。(受講される方はSketchUpのバージョンは下位バージョンでもOKです、)講師はWindowsPCでトレーニングを行います。Macは要所要所でコマンドの説明などを行いますが、基本的にはWindowsでの トレーニングとなります。トレーニングメニュー(参考)は  → こちら

持ち物

PC、筆記用具、ホイール付きマウス。 PCには「SketchUp Pro」もしくは、試用版をインストール願います。※試用版はインストールから30日間使用可能です。ダウンロードは →こちら

PCの貸し出し

希望者には、SketchUpProインストール済のPC(Windows)を貸し出しいたします。台数に制限があるためPCの貸出し希望の方は早めにお問い合わせください。貸し出しは先着順とさせていただきます。ご希望の方はお申し込みの際に「PC貸出し希望」の旨をお知らせ下さい。

担当講師

SketchUp Pro 認定トレーナー 丹波伸郎
( プロフィールは → こちらhttps://www.alphacox.com/training_info/suats/suatrainer/

お申し込みについて

お問い合わせ」← をクリックして「お問い合わせ」フォームからお申し込みください。

もしくは、下記のアドレスへ「メール」でお申込みでも構いません。

obunobanta@me.com

参加申し込み要項

  • 題名:0916_SketchUp Pro 初級+中級コーストレーニング申込み
  • お名前(ふりがな)
  • メールアドレス
  • 職種:
  • スケッチアップ歴(MACユーザーの方はその旨も)
  • PC貸出しの有無

ご質問ご要望等も「おい合わせ」フォームからお願いします。

 

申込みされた方には、申込み確認のメールを2日以内に返信いたします。
※ 3日以上経ちましても返信メールがない場合はサブアドレスにご連絡ください。(サブアドレス →n_tanba@goo.jp)

返信メールで参加費のお支払い方法(振込み先)をお伝えします。

では、お待ちしています。

SketchUp_四角形の中点を簡単に探す方法

四角形の中点(X方向もY方向も真ん中の点)を簡単に探す方法です。
地味なワザですが、コツさえ掴めば簡単です。

 

動画のご説明はこちらから ↓

 

 

まずは適当に四角形を描きます。
線ツールをクリックして起動させます。

 

 

緑軸に平行な面をなぞり、中心の近くをゆっくり動かしますと良い所で   「中点」と出ます。(触れるだけでクリックはしない。)

 

 

今度は赤軸方向と平行な面も同じ様になぞり、中点付近をゆっくりなぞると同じ様に「中点」と出ます。まだクリックせず、・・・。

 

 

そのまま、マウスだけを四角の中心に持っていきます。すると赤軸・緑軸両方の面の中点が表されます。この四角形の中点を拾ってくれます。
(グレーの丸〇が出る)その状態でクリック。

 

 

そして青軸方向に(真上に)引っ張って「線」を描きます。
中点に線が描けました。

 

 

メジャーツールで確認します。

 

 

右側、1130。

 

 

左側、1130。

 

 

上側、1522。

 

 

下側、1522。

 

 

この四角形のど真ん中に線が描けました。

最後まで見て頂きましてありがとうございました。

SketchUP_写真からペン立てのモデリングをする(写真照合)

今回は、写真からモデリングする仕方をご紹介させて頂きたいと思います。

少し前に、スケッチアップの友達から3Dデータでは無く、紙を材料にSketchUpのマークを基にペン立てのプレゼントを頂きました。
凄く嬉しかったです!
今度は、このリアルなペン立てを写真を使ってバーチャルなモデルにしてみたいと思います。

動画でのご説明はこちらから。 ↓

では、始めます。
まずは、トレイの「写真照合」から、・・・。
+プラスマークをクリック。

 

写真を選ぶブラウザが出ますので、そこから使う写真データを選択します。

 

写真を取り込み、こんな画面になります。

 

緑軸2本・赤軸2本・青軸が出てきます。

 

これをそれぞれに、軸を合わせます。
最終的にはまた微調整しますが、出来るだけこの段階で正確に合わせます。
合わせたら「完了」クリック。

 

写真がスケッチアップの中に取り込まれますので、・・・。
エッジをなぞる様に線を引きモデリングしていきます。

 

一面出来ましたら、プッシュ/プルして立体を作ります。

 

 

段の所もなぞってモデリングします。

 

 

 

 

厚みがある所は、オフセットツールで厚みを付けます。

 

2段目も同じ様に、・・・。

 

3段目も同じ様にオフセットツールで厚みを付けます。

 

出来たところで、「写真からテクスチャを投影」をクリック。

 

クリックでモデリングした面に写真が貼られます。

 

微妙にモデルと絵がずれている所を調整します。
この場合は、一番上の厚みがある壁の部分。
テクスチャ → 位置 をクリック。

 

ピンが出てきますので、それをドラッグして絵を微調整します。

 

壁の中の所はプッシュ/プルして下げ、そのあとも中を微調整。
(詳細は「動画」をご覧ください。)

 

背中の部分は色がついていませんでしたので、側面の色をコピー。
(こちらも詳細は「動画」をご覧ください。)

 

こんな感じで、写真からモデリングが出来ました。

 

この様に写真からモデリングする様な手法は、他の3Dソフトでは無いのではないかと思います。ユニークな使い方が多いスケッチアップです。

最後まで見て頂きましてありがとうございました。
(動画も見て頂けますとわかりやすいかと思います。是非ご覧になってみてください。)

【再告知】SketchUpUserGroup「京都グループミーティング」のお知らせ

再告知をさせて頂きます!

SketchUpユーザー情報交換の場スケッチアップユーザーグループ」の
プチ・グループミーティング」を京都市左京区で初開催します。

9月1日(日)場所:京都市勧業館 みやこめっせ(有料駐車場有り)

アクセス:京都市営地下鉄東西線 「東山駅」より徒歩約8分(JR京都駅より30分程度で着きます。)https://www.miyakomesse.jp/access/

グループミーティングとは、・・・。

参加したスケッチアップユーザーが、それぞれノートPCを持込み、 全員が順番にプロジェクターに画面を映しながらプレゼンします。 スケッチアップを使った事例発表や、便利なプラグインの紹介。 スケッチアップのマニアックな使い方、見つけた情報、などなど、・・・。 スケッチアップに関する事なら何でも OKです。 自己紹介を含めて1人10分から20分程度のプレゼンで一周します。 要するに「情報交換会」の様な感じです。 会費は無料ですが、会場費を割り勘します。(1人1,000円程度) 終了後は、希望者のみ居酒屋で懇親会。(割り勘。)

参加条件

SketchUpPro版(有料版)ユーザーでPC持ち込みが出来て、自己紹介を含め 10分以上のスケッチアップに関するプレゼンが出来る方。 京都市内及び近郊のスケッチアップPro版ユーザーの方で、ご興味のある方はご連絡ください。

お問い合わせは、丹波伸郎 obunobanta@me.com までお願いします。
(お問い合わせフォームからでもOKです。)

参考記事

→  昨年8月東京開催の記事
→  今年5月東京開催の記事
→ 今年7月名古屋開催の記事