CADで作図

普通、汎用CADと言われているものは、2次元のCADの事を言います。

自分はおよそ30年前、最初から3D機能があるものからスタート出来たことは凄くラッキーだったと思います。

しかし、その3次元機能を封印せざる負えない状況でした。

それは何故か、・・・。

“CADで作図” の続きを読む

三次元との出会い

前回の投稿で、どうして私が図面の仕事をする様になったかをお伝えしました。

建設会社に入ったのは、今から30年近く前の話しです。

会社が変わっても仕事はほぼ同じで、工事現場の図面を描いていました。

しばらくすると「図面の仕事をしている人はコンピューターをしなければならない」との事。

面倒くさい。やりたくなかったです。

“三次元との出会い” の続きを読む

仕事の出会い

実は私、SketchUp Pro の認定トレーナーです。

認定トレーナーって何?

要するに、メーカーが認めた 公式にSketchUpのトレーニング(講習)を行える人です。

認定トレーナーになるためには、試験を受けて合格しなければなりません。

しかし、自分は試験は苦手です。

子供の頃から「試験」というものは苦手です。

大学受験は何度も失敗(二浪)。

挫折して諦めました。

それ以来は運転免許以外、試験・テストには縁が無かったんです。

“仕事の出会い” の続きを読む

スケッチアップのインターフェース

スケッチアップのインターフェースを紹介します。

これです。立ち上げるとこんな画面です。

 

 

見てみてください。

初めて見た方はどんな印象を持たれました?

何か可愛いでしょ!

アイコンもこれを叩けばどんな事が出来るか何となくわかるし、ポップなデザイン。

こんな可愛い表情のスケッチアップが物凄い事が出来るとは、なかなか見えないんんですよね。

だから、イメージがお遊びソフトに見えてしまう様です。

一時、Googleへの買収でフリー版も出てなおさら軽いイメージになってしまった。(そのお陰でユーザーも増えましたが、・・・。)

コマンド数も少ないです。

標準は全部で150位。

それでも凄い事が出来るんです。

ちなみに、某有名3D(BIM)ソフトは、2000〜3000コマンドという噂。

そんなに使いこなせるの?って感じですよね。

スケッチアップの場合は、その上シンプルで直観的な操作性。

そして、まずソフトを立ち上げると、必ずこのおねえさんが出てきます。

 

 

名前は、ステイシーと言います。(スケッチアップの開発スタッフだそうです。)

邪魔なのですぐに消す人も多いです。

スケッチアップは世界中で使われていますので、俗に「世界で一番消される人」とも言われています。

でもおさねえんは消されても消されても、また次に立ち上げた時は出てきます。(※1)

物凄い根性の持ち主です。

そしてこのおねえさんには、キチンとした役目があるんです。

ここに3次元の建物を建てていった時、その大体の大きさがおねえさんと比較して何となくわかるんです。

極端に違った寸法の建物を作ったりしたら、すぐにわかるんです。

そして、不思議な事にこのおねえさんは、前しか向いてないんです。(※2)

三次元ソフトですから、360度どんな角度からも見えるのに、前しか向いてない。

背中は絶対に、僕らユーザーに見せません。

どんなヘビーユーザーでも、このおねえさんの背中を見たひとは未だにいないようです。

この初期画面は、カスタマイズ出来ますので僕の場合、自分をいれてます。

こんな感じ。

 

 

結構似てます。

スケッチアップ仲間の sunday modeling k さんがスケッチアップで作ってくれました。

自分のオリジナルなスケッチアップです。

いいでしょ!

 

(※1、設定で出なくも出来ます。)

(※2、スケッチアップの「フェースミー」という機能。)

「ものくろ流!WordPressスタートアップ講座-第24期-」参加

独自ドメインのWordPressで「SketchUp とかのブログ」始めます。

一人でやると半年かかる難しい設定作業を一日で教えてくれる「ものくろ流!WordPressスタートアップ講座-第24期-」に昨日、参加してきました。


タイトルは最初「スケッチアップ ブログ」とする予定でしたが、記事が限定してしまうので「SketchUp とかのブログ」にします。

これから、SketchUp とかの色んな情報発信をしていきたいと思います。

宜しくお願いします。