SketchUp_ フリーハンドツール のご紹介

今回は、フリーハンド ツール をご紹介します。

 

このツールでは、自由曲線が描けます。

 

まず、一点目をクリック。

 

フリーハンドツールの場合、そのまま左指をマウスから離さず押しっぱなしで

ドラッグしながらマウスを動かし自由な線を描きます。

 

最後、最初の一点目「始点」に戻り線で閉じます。

 

すると、面が張られます。

 

プッシュ/プル出来ます。

 

立ち上げた面はなめらかな面になっています。

 

「表示」→「隠しジオメトリ」に✔チェックを入れますと。

 

そのジオメトリが現れます。本当はこの点線部分が折れ点です。

 

直方体を描いてみます。

 

その側面に、フリーハンドツールで閉じられた曲線を描いてみましょう。

 

面をクリックしてみますと、囲われた線を境に面が分かれている事がわかります。

 

その曲線をクリックしてみると一つの連続した繋がった線になっています。

 

もう一つの辺にもフリーハンドツールで描いてみましょう。

 

こちらも、線をクリックしてみると一つの連続した繋がった線です。

 

線を選択して、右クリックメニューから「曲線を分解」で、・・・。

 

連続した一つの線だったのが、分解されて一つ一つの線にばれます。

 

両方をプッシュ/プルしてみましょう。

最初のほう滑らかな面になっています。

もう一つの辺に描いた「局面を分解」したほうは、プッシュ/プルで伸ばした面は、一つ一つ間れていますので線がはっきりわかります。

 

もう一つ、・・・。

今度は SHIFT を押しながら、フリーハンドツールで自由な曲線で閉じた形を描いてみましょう。

 

 

出来た丸(フリーハンドツールで描いた閉じた曲線)、・・・。

周りの面をクリックしてみますと、線はわかれていません。

完全に独立した「3Dポリライン」になっています。

 

エンティティ情報で確認してみると「3Dポリライン」と表示されています。

 

今回も動画で詳しくご説明しています。

もし良ければご覧になってみてください。

SketchUp_4種類の円弧ツール

今回は、円弧ツールをご紹介します。

円弧ツールバーのプルダウンメニューを見ますと、4種類のツールがあります。

まず一番上の円弧ツールから、・・・。クリックすると。

 

分度器マークが出てきます。

これを軸に描きます。

一点目クリック。

二点目クリックしてこの緑の線を基準に分度器の芯を中心に角度で示します。

 

その角度の数値は右下のバリューコントロールボックスに出ています。

90度の所でクリック。円弧が描けます。

 

円弧を線で閉じれば面になります。

 

次、2点円弧。

 

直方体の下端、端点と端点をクリックその線に垂直な線(この場合緑線)

の数値がバリューコントロールボックスに出ます。

 

丁度「半円」の所になると「半円」と表示が出て知らせてくれます。

 

面が出来たら、プッシュ/プルで持ち上げられます。

次は、3点円弧。

 

一点目クリック。

 

二点目クリック。

 

三点目クリック。

 

以上の3点がポイントとなって円弧がかけ、線ツールで閉じます。

 

 

プッシュ/プルで立ち上げられます。

 

最後は「扇形」

 

一点目クリック。

 

二点目クリックで基準となる線を引き、分度器の芯を中心(芯)に角度をつけて

円弧を描きます。

 

この扇形のみそのままで「面が張れています。」

 

プッシュ/プルで立ち上げられます。

以上、用途に応じ4種類ある円弧ツールでした。

動画ではもっと詳しくご紹介しています。

宜しければご覧ください。

SketchUp_移動ツールの裏ワザ

スケッチアップの「移動ツール」は、その名の通り図形を移動させたり、
CTRLを押すとコピーモードになりコピー出来たり、配列複写も出来ます。
しかし、それ以外にも「移動ツール」は様々なワザを持っています。
そのいくつかをご紹介します。

 

 

まず、スケッチアップの特性として端点やエッジを掴んで移動させると思いもよらない形に変形する場合があります。

 

しかしそれも、スケッチアップの「特性」と理解しクセをわかっていればそれを利用して有効にモデリングする事も出来ます。
例えば下記の図形のエッジを掴んでも、上矢印キーを押して青軸限定モードにしてしまえば上下への垂直方向にしか伸び縮みしません。



 

下記の様に赤軸に垂直にエッジを移動させたり、・・・。工夫次第では効率的にモデリングする事も出来ます。



 

直方体をグループにしてみます。

 

そして「移動ツール」で移動させます。

 

(移動中も出ていますが)
移動させて止まった所で、上面をよく見るとバッテンx印が4つ出ています。
移動ツールのままなのに、「回転」出来ます。

 

羅針盤の様なものが出てきて、この4つのバッテンx印を中心に回転できます。

 

側面に触れると、今度は上面ではなく側面(緑軸に垂直方向)に回転できます。

 

今度は、円柱をやってみます。

 

移動ツールでありながら、端点を掴み、・・・。

 

マウスを動かすと上の面だけが伸び、上面だけ半径が変えられます。

 

また円柱の側面、Rの面を掴んで、引っ張ります。

 

円柱の半径自体を伸ばします。

 

これ以外にも「移動ツール」は色んな事が出来ます。
スケッチアップはコマンドの数が極端に少ないソフトです。
一つのコマンドが複数の技が使えますので、使いこんでくると新たな発見がありますし奥が深い楽しい3Dソフトです。

動画でもご説明しています。
宜しければご覧ください。

SketchUp_グループとコンポーネントの違い

スケッチアップは四角形をプッシュ/プルで直方体にして、それを隣にくっつけると粘着力があるため、くっついてしまいます。
それを回避するためには、それぞれの図形を一つの固まりにする必要があります。「グループ」にするという事です。そうする事により、それぞれの図形がくっついたりする事はなくなります。
グループと同じ様に、固まりにするやり方がもう一つあります。
コンポーネントというやり方。
その二つのやり方と、それぞれの違いをご説明致します。

では実際にやってみましょう。

 

二つの直方体があります。

 

まず、左側をドラッグして四角く囲い「選択」します。

 

右クリック → グループを作成 でグループになります。

 

グループ(固まり)になっていますので、このままではプッシュ/プルツール出来ません。

 

右側も四角くドラッグで囲って選択。

 

右クリック → 今度は「コンポーネントを作成」をクリック。

 

 

こちらは、更に下記の様なダイアログボックスが出てきます。

「定義」で名前が付けられます。自動的に出る名前のままでも構いません。

一番下の「選択内容をコンポーネントに置換する」に ✔ チェックを入れて

作成ボタンをクリックで「コンポーネント」になります。

 

 

左が「グループ」右が「コンポーネント」です。

わかりやすい様にそれぞれに色を付けてみましょう。

ツールバーの「ペイントツール」をクリックします。

 

トレイに、マテリアルが起動しますので、・・・。

例えば緑色を選択します。

 

左側の「グループ」は緑色に。

 

右側の「コンポーネント」は黄色に塗ります。

 

四角くドラッグで両方を一度に囲い「選択」します。

 

両方が選択されている状態で、ツールバーの「移動ツール」をクリックして移動させます。

 

移動の起点をクリックします。

この場合は黄色いコンポーネントのほうの端点をクリックして掴む。

コピーしますので、CTRLを押し「コピーモード」にして、・・・。

 

右上のほうにコピーさせます。

 

任意の所で終点をクリックしてコピー出来ます。

 

更にもう一つコピー(配列複写でも可)

 

グループもコンポーネントも、そのままでは編集できませんが

ダブルクリックすると、そのグループだけの世界に入り編集できます。

 

例えば、上面に線を引き面を二つの分けます。

 

そしてプッシュ/プル。

欄外を右クリック → 「グループを閉じる」 でグループ編集が終わります。

 

今度は右側の「コンポーネント」のほうを編集してみましょう。

同じ様にダブルクリックで、コンポーネントの世界へ入り編集。

例えば上面に線を引き、・・・。

 

プッシュ/プルします。

 

見て頂くとわかる通り、一つを編集するとコピーした他のコンポーネントも同じ様に編集されています。

 

欄外を右クリックで編集が終了。

 

グループのほうは編集しても、コピーした他の図形は編集されませんでした。

コンポーネントのほうは、一つを編集すればコピーした図形も同じ様に編集される、・・・。

このそれぞれの特性を理解して効率的にこれらを活かしてモデリングすると

効率が上がります。

 

今回の動画はこちら ↓

SketchUp_面が張られない時の対処法

スケッチアップでは時々、予想もしない事も起きます。

例えば、・・・。

DXFから取り込んだ閉じられている線は、

その線をなぞれば面が出来ますが、・・・。

時々できない様な事があります。

 

DXFから取り込んだ細長い蛇の様な形ですが、閉じられている線があります。

今回、上と下に2つあります。

 

 

 

下のほうをやってみましょう。一つの線をなぞってみます。

 

 

面が張れました。

 

面が張られましたので、プッシュ/プルツール出来ます。

 

 

では、上のほうの閉じられた細長い線もやってみましょう。

 

こちらのほうは、何故か面が張られません。

 

 

では、仕方ないので原始的な方法で面を張ってみましょう。

 

同一面上で3つの線が閉じて三角を作れば面が出来ますので、・・・。
やってみましょう。

 

 

更にどんどん作っていくと小さい三角の面が沢山出来ます。

 

繋がっている三角の線を、「消しゴムツール」を使ってドラッグで消します。

 

 

すると一つの面になります。

 

 

今は途中まででしたが、これを全部やると全体が一つの面になります。
でもこれをチマチマやっていくのは大変です。
もっといい方法は無いか?

 

 

一つ考えがあるのでやってみます。
近くに大きい長方形を描きます。

 

面を張りたい閉じた線を選択。

 

 

コピーツール(移動ツール+CTRL)でコピー

 

 

今書いた大きい長方形の右上角に端点を合わせて貼り付けます。

 

貼り付けた所は面が分かれています。

 

最初に描いた長方形を「消しゴムツール」で消します。

 

結果的に、この細長い閉じられた線に面が張られました。

この様にスケッチアップはイレギュラーな事もあります。

工夫しながらのモデリングが必要な場合もありますが、それもまた楽しいです。

 

今回のも動画にしてあります。

宜しければご覧になって下さい。宜しくお願い致します。

ありがとうございました。

私のSketchUpの師匠

私のスケッチアップの師匠とも言えます「山形雄次郎」 さんが、・・・。

作って覚える SketchUpの一番わかりやすい本」を7月6日(本日)
技術評論社から出版されました。(Amazon → クリック

自分が今、スケッチアップをこうして続けられているのは色々な
「人との出会い」があったお陰です。

その中でも山形さんに出会ってから、急激にスケッチアップにのめり込んだ
気がします。

十数年前まだ SketchUp を始めたばかりの頃、個人的に操作について
教えて頂いたり。

大人数での講習会をされた時は、そのアシスタントをさせて頂いたり、・・・。

山形さんが主宰されるスケッチアップ・コミュニティに参加させて頂いたり。

お陰で、色々なスケッチアップ・ユーザーとの出会いを頂いたり。

その度にどんどんスケッチアップが好きになってきました。

その後、私自身でも「他の人にもスケッチアップの素晴らしさを伝えたい」という思いになり。

私もスケッチアップ講習会を始め、続けているうちに
認定トレーナー」もさせて頂く様になり。

そして自分も、スケッチアップ仲間と一緒に
スケッチアップ・ユーザーグループ」というユーザー会も始める事にもなりました。

人との出会いの大切さを感じます。

スケッチアップ・ユーザーグループ「名古屋グループミーティング」

SketchUpユーザーの集まり、「スケッチアップユーザーグループ」の
グループミーティング」を、7月15日(月・祝)に名古屋市内で初開催します。

グループミーティングとは、・・・。

参加したスケッチアップユーザーが、それぞれノートPCを持込み、
全員が順番にプロジェクターに画面を映しながらプレゼンします。
スケッチアップを使った事例発表や、便利なプラグインの紹介。
スケッチアップのマニアックな使い方、見つけた情報、などなど、・・・。
スケッチアップに関する事なら何でも OKです。
自己紹介を含めて1人10分から20分程度のプレゼンで一周します。
要するに「情報交換会」の様な感じです。
会費は無料ですが、会場費を割り勘します。(1人200~500円程度)
終了後は、希望者のみ居酒屋で懇親会。(割り勘。)

参加資格

SketchUpPro版ユーザーでPC持ち込みが出来て、自己紹介を含め10分以上のスケッチアップに関するプレゼンが出来る方。

名古屋市内のスケッチアップPro版ユーザーの方で、ご興味のある方はご連絡ください。( obunobanta@me.com まで )

SketchUp_2種類の「戻る」と「進む」(元に戻す)

SketchUpで操作(モデリング)をしている時。
間違ってしまい、前の操作に戻りたい時があります。
その「戻る」「進む」(やり直し)、スケッチアップは他のソフトと違って2種類あります。

操作の「戻る」「進む」(やり直し)

1、途中で操作を一つ戻りたい時ですが、「CTRL」+「Z」で戻ります。
また、進みたい時は、「CTRL」+「Y」で進みます。

2、又は「メニューバー」→「編集」→「元に戻す」 で戻ります。
「進む」は、「メニューバー」→「編集」→「やり直し」 で進みます。

3、「標準ツールバー」にあります「元に戻す」 でも出来ます。
「やり直し」 で進みます。

カメラアングルの「戻る」「進む」

また、カメラアングルを動かしながらモデリングしますが、・・・。
その動かした「カメラアングル」をスケッチアップは覚えています。

メニューバーの → カメラ → 「戻る」「進む」でカメラアングルのみを元に戻したり、進めたりする事が出来ます。
又は、「カメラツールバー」の「戻る」で戻る事が出来ます。

カメラアイングルは5カット覚えていますので、5つまで戻れます。
これは「操作」は戻らず、カメラアングルのみが戻ります。

最初にご説明した「操作の戻る・進む」はカメラアングルは戻らず、「操作」のみです。

 

この様に、スケッチアップは「戻る」「進む」が、「操作」と「カメラアングル」と完全に分かれています。
二次元で使っているAutoCADなどの場合は「操作」と「画面移動とズーム」などは全て一緒に戻ります。

この辺が、AutoCADの様な別のCADとスケッチアップの違いがあります。
分かれているほうが便利だと思います。

 

動画でもご紹介します。 ↓

 

SketchUp_回転ツールと回転コピー

今回は回転ツールと回転コピーをご紹介します。

 

まず最初に、回転させる図形を選択(四角で囲うかトリプルクリック)します。

そして「回転ツール」

 

そうすると、羅針盤の様な基準の様なものが出てきます。

 

まず回転の軸を決めますが、・・・。

試しに図形の上を基準にします。

軸を決めますが、軸となる線の端点の一点目をクリック。(図形の上の面)

 

もう一点目の端点をクリック。

基準の軸が出来ました。

この丸の中心を軸に、マウスを動かして回転します。

 

もう動かして、二点目クリックで回転が終了します。

右下のバリューコントロールボックスに回転した、その角度が現されています。

 

今度は、軸を離れた所にします。

ちょっと離れた所で、一点目クリック。

 

二点目クリック。軸が出来ました。

 

マウスを動かして回転させます。

(回転角度はバリューコントロールボックスに出ます。)

 

今は、青方向(Z軸)に垂直でしたが、今度はX方向(赤軸)に垂直に回転させます。

キーボードの矢印キーの 右→矢印キーを押すとX 軸に固定されます。    (もう一度押すと解除)

X軸回転になりました。

 

基準の一点目・二点目をクリックします。

 

マウスを動かして回転させる事が出来ます。

 

今度は緑軸(Y軸)に垂直に回転させます。

矢印キー、左矢印← キーを押すと緑軸に固定されます。

(もう一度押すと解除)

 

一点目を決め。

 

二点目を決めて、・・・。

 

マウスを動かして回転させます。

 

今度は「回転コピー」の仕方です。

 

基準のまず一点目クリック。→ 二点目クリック。

 

マウスで移動させます。ここまでは「回転ツール」と同じですが、・・・。

 

ここで、CTRLキーを押すと「コピーモード」になります。

そして、もう一点クリックしてコピーを決めます。

 

そして、次の操作をする前でしたら、・・・。

ここで、半角英数で「 X 」を押し。

 

「5」を押し。→ ENTER

 

すると、基準点を中心に「内部配列複写」出来ました。

移動したものを一個めと数え、6つコピーが出来ました。

 

これを繰り返し、下記の様な図形になりました。

 

動画では、その途中作業も全て見れます。

良ければご覧ください。 ↓

SketchUp_5種類の消し方

スケッチアップには、線や図形を「消す」やり方が5種類かあります。

そのご説明です。

 

① 図形を選択して、キーボードの「Delete」を押して消す。

 

②図形を選択して、メニューバー → 編集 → 削除

 

③消したい図形を選択後、「標準ツールバー」の中のバッテンマーク(消去)のアイコンをクリック

 

④消したい図形を選択して、右クリックメニュー → コンテキストメニュー から、「消去」

 

⑤ツールバーのピンクの「消しゴム」ツールをクリック → 消したい線を

クリックで、・・・。

 

線が消えます。

 

このピンクの「消しゴム」ツールは、他と違う所があります。

線は消えますが、面をクリックしても消えません。

 

ちなみに、面の上にこんな線があり、その線だけ消したい場合、・・・。

「消しゴム」ツールを押したまま移動、ドラッグします。

 

線が選択された所で、指を離すと選択されていた線が消えます。

 

また「消しゴム」ツールは、SHIFTを押しながらですと「非表示」になり。

 

CTRLを押しながらですと「スムージング」になります。

 

この様に、「消去」にも色々なやり方がありその時に応じてやり方を変えたりします。それぞれの特性をあらかじめ理解していると良いかと思います。

 

ご説明は、動画にもしています。ご覧ください。