0428_SketchUp 2019 認定トレーニングのお知らせ

4月28日 SketchUp Pro 2019 認定トレーニング(初級+中級コース)を行います。

SketchUp Proの使い方を最初から学びたい方のためのトレーニングです。初めて、もしくはそれに近い方がにお勧めのコースです。わかりやすくご説明いたします。

日時

2019年4月28日(日)13:00~17:00

会場

「千葉市生涯学習センター」

3階 ミーティングルーム(JR千葉駅から徒歩8分)
千葉県千葉市中央区弁天3丁目7番7号 (有料駐車場有り)

交通アクセス

JR・京成 千葉駅より徒歩約8分

http://www.chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

費用

初級+中級コース:30、000円(+消費税2、400円)

定員

6名

お申込締切

2019年4月20日(土)

受講対象者(初級+中級コース)

Windows/MacのOSの基本操作が出来る事ファイルを開いたり、
ダブルクリックやドラッグ操作などができる事。

トレーニングの詳細

SketchUp Pro 2019 の機能を紹介しながら、設定から基本的なコマンドの説明と便利な機能を使った作図演習を行います。講師はWindowsPCでトレーニングを行います。Macは要所要所でコマンドの説明などを行いますが、基本的にはWindowsでの トレーニングとなります。トレーニングメニューは  → こちら

持ち物

PC、筆記用具、ホイール付きマウス。PCには「SketchUp Pro 2019」もしくは、試用版をインストール願います。※試用版はインストールから30日間使用可能です。ダウンロードは →こちら

PCの貸し出し

希望者には、SketchUpProインストール済のPC(Windows)を貸し出しいたします。台数に制限があるため先着順とさせていただきます。ご希望の方はお申し込みの際に「PC貸出し希望」の旨をお知らせ下さい。

担当講師

SketchUp Pro 認定トレーナー 丹波伸郎
( プロフィールは → こちらhttp://www.alphacox.com/company/suatrainer/

お申し込みについて

下記の「おい合わせ」をクリックして、フォームからお申し込みください。

お問い合わせ

下記のアドレスへメールからでも出来ます。

obunobanta@me.com

参加申し込み要項

  • 題名:0428_SketchUp Pro 初級+中級コーストレーニング申込み
  • お名前(ふりがな)
  • メールアドレス
  • 職種:
  • スケッチアップ歴(MACユーザーの方はその旨も)
  • PC貸出しの有無

ご質問ご要望等も「おい合わせ」フォームからお願いします。

 

申込みされた方には、申込み確認のメールを2日以内に返信いたします。
※ 3日以上経っても返信メールがない場合はサブアドレスにご連絡ください。(サブアドレス →n_tanba@goo.jp)

返信メールで参加費のお支払い方法(振込み先)をお伝えします。

では、お待ちしています。

Ms-Physicsトレーニングに参加。

日本初の「Ms-Physicsトレーニング」(講習会)に参加して来ました。
Freedom主宰 SketchUpPro認定トレーナー 土屋氏 講師のもと行われました。
構造的な事がある程度理解出来たと思います。
もちろん4時間の講習だけで完全に使えるわけではないですが、物凄い進歩。
今まで全然わからなかったMs-Physycisの操作方法。少しイメージが湧いてきました。
あとは復習。(←これが重要。)
新しいコアな SketchUpユーザーとも知り合えてラッキーでした。
やっぱりSketchUpは楽しい!

SketchUpの物理シミュレーション・プラグイン MS-Physics トレーニングのお知らせ

SketchUpで物理現象をシミュレーション出来るプラグインがあります。
Ms-Physics
先日 2.7渋谷で行われた3D BASECAMPで、sumuraik氏が講演され話題になっているプラグインです。
その、Ms-Physics のトレーニング(講習会)が来月東京で行われます。       (おそらく日本で初めて)
3月3日(日)と4日(月)、Freedom主宰 SketchUpPro認定トレーナーの  土屋氏が行います。(両日共内容は同じ)
詳しくは、こちら → http://n-freedom.com/Ms-Physics.html
めったにないトレーニングですので、興味ある方はお見逃しなく、・・・。

私も3月3日に受講します。

プラグインのインストール方法は、以前動画にしていましたのでご紹介します。

https://youtu.be/MFxxtJTOjxY

 

※ 次回、千葉開催のSketchUpPro初級・中級トレーニング(3月21日)は こちらから →  https://tanba3.com/archives/373

SketchUp認定トレーニングの重要性

昨日はSketchUp認定トレーナーになってから、初の出張トレーニング。
先方の会社へお伺いし、SketchUpPro2018認定トレーニングを行いました。
お話しを聞くと、ある程度は使われている様子でしたので「初級・中級」の内容では物足りないのでは?
と少し心配していましたが、始めてみますと、・・・。
「こんなやり方知らなかった。今まで、無駄なやり方をしていた。」「こうすれば、簡単なんですね。」「自分一人でやっていたら、絶対わからなかった」
と、トレーニングでお伝えさせて頂いた内容に喜んで頂けました。
SketchUpは簡単なソフトなので、見よう見まねでも何となく出来てしまうソフトです。
それがゆえに、非効率的なやり方でもある程度は出来てしまいます。(そして、壁にぶつかり挫折が多い。)
簡単なソフトであっても、正しい(早い)使い方はあるし、セオリーをしっかり守ればよりスムーズに進みます。
癖もあるので、その特性を事前に聞いていれば、転ばぬ先の杖。
やはり効率的にSketchUpを習得するのには個人の努力だけではなく、なるべく早い段階でその専門の人(トレーナー)からトレーニングを受ける事だと痛感しました。
是非、トレーニングを受けて頂いて、SketchUpをもっと楽しみましょう。

次回は、8月12日(月・祝)千葉で行います。
詳しくは、こちらから →  https://tanba3.com/archives/373

0321_SketchUp認定トレーニングのご案内

3月21日 SketchUp Pro 2019 認定トレーニング(初級+中級コース)を行います。

SketchUp Proの使い方を最初から学びたい方のためのトレーニングです。初めて、もしくはそれに近い方がにお勧めのコースです。わかりやすくご説明いたします。

日時

2019年3月21日(木・春分の日)13:00~17:00

会場

「千葉市生涯学習センター」

3階 ミーティングルーム(JR千葉駅から徒歩8分)
千葉県千葉市中央区弁天3丁目7番7号 (有料駐車場有り)

交通アクセス

JR・京成 千葉駅より徒歩約8分

http://www.chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

費用

初級+中級コース:30、000円(+消費税2、400円)

定員

6名

お申込締切

2019年3月14日(木)

受講対象者(初級+中級コース)

Windows/MacのOSの基本操作が出来る事ファイルを開いたり、
ダブルクリックやドラッグ操作などができる事。

トレーニングの詳細

SketchUp Pro 2019 の機能を紹介しながら、設定から基本的なコマンドの説明と便利な機能を使った作図演習を行います。講師はWindowsPCでトレーニングを行います。Macは要所要所でコマンドの説明などを行いますが、基本的にはWindowsでの トレーニングとなります。トレーニングメニューは  → こちら

持ち物

PC、筆記用具、ホイール付きマウス。PCには「SketchUp Pro 2018」もしくは、試用版をインストール願います。※試用版はインストールから30日間使用可能です。ダウンロードは →こちら

PCの貸し出し

希望者には、SketchUpProインストール済のPC(Windows)を貸し出しいたします。台数に制限があるため先着順とさせていただきます。ご希望の方はお申し込みの際に「PC貸出し希望」の旨をお知らせ下さい。

担当講師

SketchUp Pro 認定トレーナー 丹波伸郎
( プロフィールは → こちらhttp://www.alphacox.com/company/suatrainer/

お申し込みについて

下記の「おい合わせ」をクリックして、フォームからお申し込みください。

お問い合わせ

下記のアドレスへメールからでも出来ます。

obunobanta@me.com

参加申し込み要項

  • 題名:0321_SketchUp Pro 初級+中級コーストレーニング申込み
  • お名前(ふりがな)
  • メールアドレス
  • 職種:
  • スケッチアップ歴(MACユーザーの方はその旨も)
  • PC貸出しの有無

ご質問ご要望等も「おい合わせ」フォームからお願いします。

 

申込みされた方には、申込み確認のメールを2日以内に返信いたします。
※ 3日以上経っても返信メールがない場合はサブアドレスにご連絡ください。(サブアドレス →n_tanba@goo.jp)

返信メールで参加費のお支払い方法(振込み先)をお伝えします。

では、お待ちしています。

3D BASECAMP 2019 in Tokyo のご紹介

SketchUp の2年に一度の大イベント「3D Basecamp2018」。
去年2018年9月米国カリフォルニア州パームスプリングスでが開催されました。(紹介YouTubeは→こちら

その3D Basecampが、いよいよ来月日本でも行われます。
2月7日(木)「3D BASECAMP 2019 in Tokyo」と題しまして「渋谷エクセルホテル東急」で開催されます。
https://www.alphacox.com/company/basecamp-2019-tokyo/

基調講演では、アメリカからTrimble社のChris Keating氏・John Bacus氏が来日されSketchUp Proの最新情報をお伝えします。
また、日本総代理店のアルファコックスのテクニカルチームによる、3D BOOTCAMPという講習的なセッションもあります。
初級者向けのBeginnersと、上級者向けのNinja Expertがあり、でそれぞれのレベルでSketchUp を学ぶ事が出来ます。
(3D BOOTCAMPは撮影・録音が可能です。)
WorkShop では、各専門分野で使われている方の講演を色々と受講出来ます。
詳しくは、こちらでご確認下さい → https://www.alphacox.com/company/basecamp-2019-tokyo/

参加費は¥3,240。一日SketchUpを楽しむ事が出来ますので安いです。
(ワークショップにご参加の方には、お弁当・お飲み物も付いています。)

興味ある方はぜひ参加してみて下さい。
( 2016年開催の時の様子はこちら → https://www.facebook.com/sketchupjapan/videos/1201346166608870/  )
もちろん私も参加します。
9:00 ~ 3D BOOTCAMP1:Beginners
10:10 ~ 基調講演1
11:20 ~ 基調講演2
13:30 ~ プラネッツAで「Twinmotion 2019について」
14:30 ~ プラネッツCで「楽しい趣味のスケッチアップ」(萩原タクジ氏)
15:30 ~ プラネッツBで「これならできるMsPhysics入門」(samuraik氏)
16:30 ~ プラネッツAで「進化しつづける渋谷駅東京メトロ銀座線の大規模移設工事について
業界初!シニア社員へのSketchUp研修」(東急建設株式会社様)

で申し込みました。
楽しみにしています。

施工図の仕事

私は、建築工事現場に常駐し施工図業務をしています。

設計図だけではわかりにくい所や部分的な納まり検討は、2Dで見て頭の中だけで考えるより3Dでビジュアル化した方が絶対早いです。

スケッチアップは操作が簡単で、業務への負担は少ないのでお勧めです。

※ 2019年1月19日(土)SketchUpProの初級・中級認定トレーニング(講習会)のお申込みは、 → こちら から

 

SketchUp Pro トレーニング 初級・中級 メニュー

SketchUp Pro トレーニング 初級・中級 のメニューです。

SketchUp は 初めてか、 それに近い方が対象になります。
トレーニングでは、大体 主要なコマンドはご説明いたしますが以下のこと行います。

1、インターフェースと各種設定
①ユーザーインターフェース
②環境設定 と モデル情報

2、SketchUpの基本設定
①線を描く
②円ツール・ポリゴンツール
③長方形ツール
④3次元の作成
⑤数値入力
⑥面の作成と分割
⑦推定機能
⑧移動ツール
⑨屋根形状の作成
⑩尺度ツール
⑪コンポーネントの利用
⑫グループ

3、SketchUpのさらなる機能
①フォローミーツール
②ソリッド機能
③テクスチャの配置
④スタイル
⑤3Dテキスト
⑥レイヤー
⑦シーンマネージャ
⑧影
⑨コンポーネント
⑩オリジナルトレイの作成

4、実践トレーニング
①ゲートの作成(復習用)

5、覚えておくと便利な機能
①写真照合
②サンドボックス
③動的コンポーネント
④イメージ上でのモデリング(復習用)

6、ファイルのインポート&エクスポート
①フォーマットの種類

7、困った時は
①対処方法や、問い合わせ先など

※但し状況により前後したり、スキップする場合があります。
また、トレーナーのご説明のみの項目もあります。

2019年SketchUp認定トレーニングのご案内

SketchUp Pro 2018 認定トレーニング(初級+中級コース)を行います。

SketchUp Proの使い方を最初から学びたい方のためのトレーニングです。初めて、もしくはそれに近い方がにお勧めのコースです。わかりやすくご説明いたします。

日時

2019年1月19日(土)13:00~17:00

会場

「千葉市生涯学習センター」

3階 ミーティングルーム(JR千葉駅から徒歩8分)
千葉県千葉市中央区弁天3丁目7番7号 (有料駐車場有り)

交通アクセス

JR・京成 千葉駅より徒歩約8分

http://www.chiba-gakushu.jp/know/know_04.html

費用

初級+中級コース:30、000円(+消費税2、400円)

定員

6名

お申込締切

2019年1月11日(金)

受講対象者(初級+中級コース)

Windows/MacのOSの基本操作が出来る事ファイルを開いたり、
ダブルクリックやドラッグ操作などができる事。

トレーニングの詳細

SketchUp Pro 2018 の機能を紹介しながら、設定から基本的なコマンドの説明と便利な機能を使った作図演習を行います。講師はWindowsPCでトレーニングを行います。Macは要所要所でコマンドの説明などを行いますが、基本的にはWindowsでの トレーニングとなります。トレーニングメニューは  → こちら

持ち物

PC、筆記用具、ホイール付きマウス。PCには「SketchUp Pro 2018」もしくは、試用版をインストール願います。※試用版はインストールから30日間使用可能です。ダウンロードは →こちら

PCの貸し出し

希望者には、SketchUpProインストール済のPC(Windows)を貸し出しいたします。台数に制限があるため先着順とさせていただきます。ご希望の方はお申し込みの際に「PC貸出し希望」の旨をお知らせ下さい。

担当講師

SketchUp Pro 認定トレーナー 丹波伸郎
( プロフィールは → こちらhttp://www.alphacox.com/company/suatrainer/

お申し込みについて

ブログのタイトル下「おい合わせ」フォームからお申し込みください。

下記のアドレスへメールでも出来ます。

obunobanta@me.com

参加申し込み要項

  • 題名:0119_SketchUp Pro 初級+中級コーストレーニング申込み
  • お名前(ふりがな)
  • メールアドレス
  • 職種:
  • スケッチアップ歴(MACユーザーの方はその旨も)
  • PC貸出しの有無

ご質問ご要望等も「おい合わせ」フォームからお願いします。

 

申込みされた方には、申込み確認のメールを2日以内に返信いたします。
※ 3日以上経っても返信メールがない場合はサブアドレスにご連絡ください。(サブアドレス →n_tanba@goo.jp)

返信メールで参加費のお支払い方法(振込み先)をお伝えします。

では、お待ちしています。

2018新機能「断面ツール」ダイアログのオン・オフ

バージョン2018から、断面に番号がふれる様になりました。

「断面ツール」とクリックすると番号と名前が付くダイアログが出ます。

ここに断面の名前と番号(記号)が変えて入れられます。

そして画面にクリックすると断面平面が現れます。

断面を切る所を決定→クリックで「決定」

「アウトライン表示」にも表示されます。

最初に出たダイアログですが、・・・。

編集できるのは良いのですが、編集は必要なく断面平面をただ作れればいい。

という時は、毎回毎回出るのがちょっと邪魔かもしれません。

このダイアログを出さなくする方法があります。

ダイアログの一番したにある

「今後このダイアログを表示しない。デフォルト名と記号を使用する。」

に ? チェックを入れると、次回からは出てこなくなります。

但し、今度表示させたい時に出せなくなってしまいます。

要するに、表示を消してしまうと二度と出なくなってしまう。

(バグかもしれません。)

これを復活する方法を「フォローアップ研修」で教えてもらいました。

エクスプローラーの、表示 → 隠しファイル にチェックを入れ表示させる。

Cドライブ → Users  →  それぞれのPCのユーザー名  →  AppData  →  Roaming  →  SketchUp  →  SketchUp 2018  →  SketchUp

の中にある SharedPreferences.json というファイルを消すと次回からダイアログが戻ります。

しかし、この方法だとテンプレート等の他の設定ファイルもデフォルトになってしまいます。まだインストールしたばかりで何も設定をしていない場合はこの方法が手っ取り早いかもしれません。

しかし他の設定を変えたくない場合の対処方法は、・・・。

この SharedPreferences.json というファイルはテキストデータなので、

ダウンロードした JSON Editor を使ってファイルを開いてみます。

ダイアログがONの時とOFFの時の、この SharedPreferences.json ファイルをそれぞれ開いてみて比較してみました。

左がON 右がOFF の時のデータです。

”ShowSectoinToolDlg”:false という文字が増えています。

JSON Editor で開けば削除できますので、この文字を削除してみました。

そしてSketchUp2018を立ち上げ直してみますと、ダイアログが復活してます。

以上、結構マニアックな話しでした。